GSMとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > GSMの意味・解説 

GSM(じーえすえむ)(Global System for Mobile Communications)

第2世代携帯電話における無線通信方式のひとつ

国境を越えて通信するための統一規格としてヨーロッパ策定され、1992年からサービスが始まった。現在では、ヨーロッパ・アジア・アフリカ・オセアニアなど、130超える国でGSMネットワーク整備されている。携帯電話通信網としては、事実上世界標準デファクトスタンダード)となっている。

GSMは携帯電話統一規格として始まったため、GSMを採用した国同士では、国境を越えて自分機種携帯電話サービスそのまま利用できる。

それに対して日本の携帯電話通信網場合、GSMには対応していないこのため通話国内に限られていて、一般に海外での使用できない海外携帯電話を使うには、GSM対応の海外専用端末携帯電話会社からレンタルして使用することが多い。

その解決策として、GSM兼用搭載機種考案され、一部機種では実用化されている。これは1台の携帯電話に、国内網対応チップ海外用GSM対応チップ両方備えるというもので、国内外両用することができる。

(2006.05.22掲載


全球モデル(GSM)


GSM

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

GSM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/11 14:07 UTC 版)

GSM: global system for mobile communications)は、FDD-TDMA方式で実現されている第2世代移動通信システム (2G) 規格である。




[ヘルプ]


「GSM」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「GSM」の関連用語

GSMのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カムリ・グラシア

ボアストロークレシオ

メーター配置

長谷見昌弘

コンプレッションハイト

グループN

ライフ

シティ





GSMのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2016 時事用語のABC All Rights Reserved.
気象庁気象庁
©2016 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのGSM (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS