銀行業とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 日本標準産業分類 > 銀行業の意味・解説 

銀行業


銀行

(銀行業 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/12 11:12 UTC 版)

銀行(ぎんこう、: banco)とは、概ね、預金の受入れと資金の貸出しを併せて行う業者として、各国において「銀行」として規制に服する金融機関を指すが、その範囲は国によって大きく異なる。為替取引を行うことができ、銀行券の発行を行うこともある。広義には、中央銀行特殊銀行などの政策金融機関預貯金取扱金融機関などの総称である。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c 酒井良清 鹿野嘉昭 『金融システム』 有斐閣 2011年 銀行の機能
  2. ^ 金融庁 II -3-7-5 風評に関する危機管理体制 中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針 平成26年4月
  3. ^ 金融庁 III -8-5 風評に関する危機管理体制 主要行等向けの総合的な監督指針 平成26年4月
  4. ^ 「ベアー買収の動揺、欧州に波及 破綻の危機にある金融機関はいくつあるのか」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年3月27日付配信
  5. ^ CFA Institute Magazine, "Should Financial History Matter to Investors?", Sept/Oct 2015, p. 17.
    CFA(Chartered Financial Analyst)資格者の主要な就職先は、UBSJPモルガンシティグループモルガンスタンレーブラックロックである。ECF, "The biggest employers of CFA charterholders globally", 10 November 2014
  6. ^ “China to stick with US bonds”, The Financial Times (paragraph 9), http://www.ft.com/cms/s/0/ba857be6-f88f-11dd-aae8-000077b07658.html 2009年2月11日閲覧。 
  7. ^ 金融の基礎知識 利害相反回避と銀行の健全性確保のための銀証分離 2014年9月閲覧
  8. ^ 制定された1948年、アメリカ対日協議会が発足。同会の圧力でメガバンク体制という分離解消の準備が推進された。
    John G. Roberts, Mitsui: Three Centuries of Japanese Buisiness, Weatherhill, New York/Tokyo, 1973. pp.394-426. 安藤良雄 三井禮子監訳 ダイヤモンド社 1976年 pp.303-330.
  9. ^ a b c 黒田巌編 『わが国の金融制度』 日本銀行金融研究所 1997年 P 19
  10. ^ 大蔵省/金融システム改革法案について
  11. ^ (PDF) Developing Institutional Investors in the People's Republic of China, paragraph 24, http://www.worldbank.org.cn/english/content/insinvnote.pdf 
  12. ^ Langlois, John D. (2001), “The WTO and China's Financial System”, China Quarterly 167: 610–629, doi:10.1017/S0009443901000341 
  13. ^ “China to stick with US bonds”, The Financial Times (paragraph 9), http://www.ft.com/cms/s/0/ba857be6-f88f-11dd-aae8-000077b07658.html 2009年2月11日閲覧。 
  14. ^ キャノングローバル戦略研究所 現在の経済危機について(8):最近の世界経済上の4事件とその影響 2012/8/13
  15. ^ 当時の大蔵省による見解。
  16. ^ 草野厚 『山一證券破綻と危機管理』 朝日新聞社 1998年7月 P 30 ※節全体の記述は第Ⅰ部第1章「悪循環の構造」に拠った。
  17. ^ 加治木俊道は次の2点に着目して、運用預かりを銀行による信用創造に等しいと考えた。まず、銀行のあつかう現金と証券会社のあつかう有価証券はいずれも有価物で信用証票である。そして、預けられた有価物はいずれもリスクの伴う用途に運用され、預金には金利が、運用預かりには預かり料が、対価として払われる。
  18. ^ 原因には可処分所得減少などによる需要低下もあったが、証券の供給過剰もあった。金融引き締めによって銀行借り入れに依存できなくなった企業は株式による資金調達に奔走。一方、証券会社の売り出した公社債投信は銀行の反発を受けて利幅が小さくなり、公定歩合の引き上げもあって売り浴びせられた。公社債は流通市場がなきに等しかったので証券会社は懸命に買い支えた。
  19. ^ 国立国会図書館調査および立法考査局 【フランス】 銀行業務の分離による銀行制度改革 2013年11月
  20. ^ 日本銀行ホームページ/教えて!にちぎん銀行はなぜ「銀行」というのですか?
  21. ^ ユダヤでは同宗以外への利付貸付は容認されていた
  22. ^ 今も経営されているen:Nacional Monte de Piedad は、メキシコシティ包囲戦レオナルド・マルケスに金を押収されている。
  23. ^ 「中世イタリアのユダヤ人金融」大黒俊二(大阪市立大学大学院文学研究科教授2004.3.9)[1][2]
  24. ^ 「嘘と貪欲」大黒俊二[3]P.105以降に詳しい。
  25. ^ 「マーチャント・バンク」山本利久(新潟産業大学経済学部紀要 弟29号)[4]
  26. ^ 「銀行業の発展と銀行自己資本の意義」北野友士(経営研究第58巻第3号)[5][6]PDF-P.3
  27. ^ 細かくとも必要な史実を渉猟し盛り込んだ、ビジュアルに終わらない良書。編まれた目的は、世界的視野から銀行業の発展を眺めること、銀行業が現在もっている経済的、社会的力がいかに強大であるかを明らかにすること、銀行の中心的業務の起源と展開を探ってみること、20世紀後半に存在する多くの銀行がいかに古くそして時にはいかに複雑な歴史的背景をもっているかを示すこと、など。目次は下のとおり。
    第1章 市場、商人および君主 古代・中世から16世紀までの銀行業
    第2章 安定を求めての戦い 17-18世紀の銀行業
    第3章 銀行業発展の新分野 19世紀の銀行業
    第4章 大銀行集団 20世紀前半の銀行業
    第5章 現代の銀行業 20世紀後半の銀行業
  28. ^ Fair Finance Guide International | Fair Finance Guide International
  29. ^ Home | Fair Finance Guide Japan


「銀行」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

銀行業に関連した本

「銀行業」に関係したコラム

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企業は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、業種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、業種分類は「業種別分類に関する取扱い要領」により...

  • ETFの銘柄一覧

    ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

  • ETFの銘柄の取引単位は

    ETFの取引単位は銘柄により異なります。ETFの場合、取引単位は10株単位や100株単位であることが多いようです。また、価格が1万円前後の銘柄は1株単位、100円前後の銘柄は1,000株単位が多いよう...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「銀行業」の関連用語

銀行業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

渋井陽子

arrows Tab F-04H

火成岩

タランドス

アーチェリー

FACOM V830

西尾京子

数珠繋図鍔





銀行業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
総務省総務省
Copyright(c)2017 総務省 統計局 All rights reserved
政府統計の総合窓口(e-Stat)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS