虎魚とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > 虎魚 > 虎魚の意味・解説 

おこぜ をこぜ [2] 【 鰧 ・〈虎魚〉】

カサゴ目海魚のうちオコゼ類の総称全長8~25センチメートル。ハオコゼ・ダルマオコゼなどがいる。特に食用となるオニオコゼをさすことが多い。いずれも頭部でこぼこで醜く,背びれのとげに毒腺をもつものが多く,刺されると激しく痛む山の神供物にするなど,山の神と関係のある伝承が多い。本州中部以南海底分布。夏が旬(しゆん)[季] 夏。

虎魚

読み方:オコゼ(okoze)

カジカ目海魚


虎魚

読み方:オコゼ(okoze)

カジカ目海魚

別名


虎魚

読み方:オコゼ(okoze)

カサゴ目フサカサゴ科背鰭に毒をもつ総称


虎魚

読み方:おこぜ

  1. 醜い容貎をいう。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

虎魚

読み方:オコゼ(okoze)

カサゴ科に属す吸い物からあげなどにして美味

季節

分類 動物


虎魚

読み方:コギョ(kogyo)

カサゴ科の海魚醜悪な顔・形をしている

季節

分類 動物


オニオコゼ

(虎魚 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/11 16:34 UTC 版)

オニオコゼ(鬼鰧、鬼虎魚、学名Inimicus japonicus)は、カサゴ目フサカサゴ科[1](あるいはオニオコゼ科[2][3])に属する魚類の一種。単にオコゼとも呼ばれる[2]


  1. ^ 『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.321-325
  2. ^ a b c d e f g 『日本の海水魚』 pp.210-213
  3. ^ a b Inimicus japonicus”. FishBase. 2014年5月13日閲覧。
  4. ^ 南方全集


「オニオコゼ」の続きの解説一覧





虎魚と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「虎魚」の関連用語

虎魚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

docomo PRIME series P-04B

赤祖父山のブナ林

FHTコンパクト蛍光灯

パスカル

フロンティア

ドーリス科の1種9

クラウン セダン

せいはん





虎魚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオニオコゼ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS