寒さとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 寒さの意味・解説 

さむ さ [1] 【寒さ】

寒いこと。また,その程度[季] 冬。 「暑さ-も彼岸まで」
寒い時候[季] 冬。 「 -に向かう」
▽↔ 暑さ


寒さ

読み方:さむさ

【文語】ク活用形容詞寒し」が、接尾語「さ」により体言化した形。


寒さ

読み方:さぶさ、さむさ

形容詞「寒い」が、接尾語「さ」により体言化した形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

寒さ

読み方:さむさ

ク活用形容詞寒し」が、接尾語「さ」により体言化した形。
寒し」の口語形としては、形容詞「寒い」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

暑(寒)さ

分野
気温に関する用語
用例
a) 暑(寒)さが加わる(和らぐ、戻る)。
b) 厳しい暑(寒)さ。
備考
 「暑(寒)さ」は気温湿度や風の効果が加わった主観的なものであるから「気温の高(低)さ」と混同して用いないこと。
例えば、フェーンによる高温は「8月頃の暑さ」ではなく8月頃の気温」というべきである。

寒さ

作者芥川龍之介

収載図書芥川龍之介全集 5
出版社筑摩書房
刊行年月1987.2
シリーズ名ちくま文庫

収載図書大導寺信輔の半生手巾湖南の扇十二
出版社岩波書店
刊行年月1990.10
シリーズ名岩波文庫

収載図書ザ・龍之介芥川龍之介全一増補新版
出版社第三書館
刊行年月2000.7

収載図書大活字版 ザ・龍之介―全小説全一
出版社第三書館
刊行年月2006.7

収載図書芥川龍之介全集11芭蕉雑記長江游記
出版社岩波書店
刊行年月2007.11


寒さ

読み方:サムサ(samusa)

冬の寒さ

季節

分類 時候


寒暑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/05/15 09:28 UTC 版)

(寒さ から転送)

寒暑(かんしょ)とは暑い事と寒い事である。また、寒暖(かんだん)は、寒い事と暖かい事である。




「寒暑」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

寒さに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「寒さ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||


9
100% |||||


寒さのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

821T

糸

西教寺

滑空比

重量制限

こさど丸

宇棚の清水

EX-V7





寒さのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
気象庁気象庁
©2016 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの寒暑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS