エゴノキとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 国産材一覧 > エゴノキの意味・解説 

エゴノキ


北海道渡島以南)、本州四国九州沖縄朝鮮などで、広く分布しており、小川のふちなどでよく見られます。木材としての名前は、産地以外ではあまりよく知られていませんが、思ったより身の回り色々なものに利用されています。薪炭用に造林をしたところもありました。

木材
心材辺材の色の差はありません。どちらかというと白っぽい木材で、やや黄白色ないし淡黄褐色を帯びています。年輪はとくにはっきりとはしていません。肌目は精で、木理通直です。やや重硬な木材で、気乾比重は0.60~0.70です。加工は容易です。

用途
直径があまり大きくはなりませんが、加工がしやすく、しかも、われわれの生活に近い処によく見られることから、伝統的道具器具などによく使われています。和傘先端部、傘の柄、ろくろ細工玉突きのスチック、呑み口算盤だま、材の色が薄いので、色付けをするような用途将棋の駒、木などがあります最近はこけしがブームになっていますが、ミズキイタヤカエデなどにまじってエゴノキが材料として使われていることをご存じでしょうか。エゴノキの炭はガラス器や漆器研磨につかわれます。


エゴノキ

エゴノキ
科名 エゴノキ科
別名: セッケンノキ
生薬名: マチュウシ麻厨子
漢字表記 -
原産 日本朝鮮半島中国台湾
用途 山野に多い落葉小木で、初夏白い花が咲きます。果皮サポニン多く含まれるので、洗濯に用いられたり、を捕らえるのにも利用されました。
学名: Styrax japonica S. et Z.
   

斎墩果

読み方:エゴノキ(egonoki)

エゴノキ科落葉小高木薬用植物

学名 Styrax japonica


斎墩樹

読み方:エゴノキ(egonoki)

エゴノキ科落葉小高木薬用植物

学名 Styrax japonica


野茉莉

読み方:エゴノキ(egonoki)

エゴノキ科落葉小高木薬用植物

学名 Styrax japonica


エゴノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/25 14:39 UTC 版)

エゴノキStyrax japonica)とはエゴノキ科の落葉小高木である。北海道九州沖縄まで、日本全国の雑木林に多く見られる。


  1. ^ a b 羽根田治『新装版・野外毒本:被害実例から知る日本の危険生物』山と渓谷社 2014年、ISBN 9784635500357 p.142.


「エゴノキ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エゴノキ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||


5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

エゴノキのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウスバサイシン

マカンバ

スズラン

サワラ

ゴマ

ツゲ

カワミドリ

カツラ





エゴノキのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2016 All Rights Reserved, Copyright
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2016, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエゴノキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS