小林清治 小林清治の概要

小林清治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/08 00:54 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
小林清治
人物情報
生誕 (1924-08-13) 1924年8月13日
日本北海道
死没 (2007-04-04) 2007年4月4日(82歳没)
日本福島県伊達市
急性骨髄性白血病
出身校 東北大学大学院
学問
研究分野 日本史
テンプレートを表示

概要

北海道出身。東北大学文学部史学科卒、同大学院博士課程満期退学。1972年「奥羽における戦国大名の成立と展開」により東北大学から文学博士の学位を授与される[2]福島大学学芸学部助教授教育学部教授。86年定年退官名誉教授東北学院大学教授[3]

著書

共著・校注・監修など

  • 『戦国史料叢書 第2期 伊達史料集』校注 人物往来社 1967
  • 『福島県の歴史』山田舜共著 山川出版社 県史シリーズ 1970
  • 浪江町史』校閲 浪江町教育委員会 1974
  • 『中世奥羽の世界』大石直正共編 東京大学出版会 UP選書 1978
  • 『日本城郭史研究叢書 第2巻 仙台城と仙台領の城・要害』編 名著出版 1982
  • 『戦国大名論集 2 東北大名の研究』編 吉川弘文館 1984
  • 『福島の研究』編 清文堂出版 1986
  • 『伊達政宗 文化とその遺産』金沢規雄、浅野晃共編 里文出版 1987
  • 『戦乱の日本史 合戦と人物 第8巻 戦国の群雄 西国・奥羽』米原正義共責任編集 第一法規出版 1988
  • 『図説日本の歴史 7 図説福島県の歴史』責任編集 河出書房新社 1989
  • 米沢市史 第1巻 (原始・古代・中世編)』監修 米沢市 1997
  • 『中世南奥の地域権力と社会』編 岩田書院 2001
  • 陸奥国の戦国社会』大石直正共編 高志書院 奥羽史研究叢書 2004
記念論文集
  • 『福島地方史の展開』小林清治先生還暦記念会 1985

論文

参考文献

脚注


  1. ^ a b 日外アソシエーツ株式会社 2009
  2. ^ Cinii Dissertations”. 国立情報学研究所. 2017年3月10日閲覧。
  3. ^ 『伊達政宗の研究』著者紹介


「小林清治」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小林清治」の関連用語

1
32% |||||

2
32% |||||

3
18% |||||

4
16% |||||

5
16% |||||

6
12% |||||

7
12% |||||


9
12% |||||

10
12% |||||

小林清治のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



小林清治のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小林清治 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS