vault super expressとは?

Weblio 辞書 > 電車 > 電車図鑑(小田急) > vault super expressの意味・解説 

50000形・VSE(Vault ※ Super Express)

ドーム型天井天空の意

箱根観光専用ロマンスカーとして2005年3月就役風景存分にお楽しみいただけるよう、ロマンスカー代名詞でもある展望席復活させ、客室部分には約4m連続窓を採用。約2.5m あるドーム型天井や、ゆとりあるシートピッチにより、居住性の向上が図られたほか、快適な乗り心地実現するため、車体傾斜装置などさまざまな技術採用されました。
また、コンパートメント形式サルーンカフェなど、上質サービス提供するための工夫随所に施されています。2005年グッドデザイン賞2006年ブルーリボン賞受賞

50000形・VSE


小田急50000形電車

(vault super express から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 14:13 UTC 版)

小田急50000形電車(おだきゅう50000がたでんしゃ)は、2005年平成17年)から小田急電鉄が運用している[11]特急用車両ロマンスカー)である。


注釈

  1. ^ 回路は電子笛と共用で[107]、警笛と別装置ではない。
  2. ^ 同年7月10日の運用終了まで
  3. ^ 新宿駅改札内に、小田急レストランシステムにより運営されている同名の店舗がある。
  4. ^ 5種類のうち4種類は岡部がデザインしたもので[120]、残りの1種類はアテンダントからの提案によって採用された、アジサイの時期専用のデザインである[120]
  5. ^ 工場建屋のシャッター付近にスモークが焚かれ[123]、その中からミュージックホーンを鳴らしながらVSE車が登場するという演出であった[123]

出典

  1. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻829号 p.306
  2. ^ 『小田急ロマンスカー』 p.61
  3. ^ 『小田急ロマンスカー』 p.167
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『鉄道ピクトリアル』通巻829号 p.318
  5. ^ 『小田急電鉄のひみつ』 p.34
  6. ^ a b 『鉄道画報』通巻1号 p.20
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『鉄道ファン』通巻529号 p.90
  8. ^ a b c d e f g h i j 『鉄道ファン』通巻529号 p.88
  9. ^ a b 小田急50000形「VSE」が日本車輌へ入場” (日本語). 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース (2010年9月8日). 2011年8月25日閲覧。
  10. ^ a b 「VSE」第1編成が日本車輌へ” (日本語). 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース (2011年1月13日). 2011年8月25日閲覧。
  11. ^ 『鉄道ジャーナル』通巻464号 p.36
  12. ^ 『鉄道ダイヤ情報』通巻145号 p.15
  13. ^ a b c 『鉄道ピクトリアル』通巻829号 p.52
  14. ^ a b c d e f g 『鉄道ジャーナル』通巻464号 p.34
  15. ^ a b c d e 『鉄道ピクトリアル』通巻829号 p.29
  16. ^ a b c d e f g 『鉄道ジャーナル』通巻464号 p.43
  17. ^ a b c d e f g h 『鉄道ジャーナル』通巻464号 p.37
  18. ^ a b c d e f g h i j 『鉄道ジャーナル』通巻464号 p.39
  19. ^ a b c d e f g 『小田急ロマンスカー総覧』 p.25
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『鉄道ピクトリアル』通巻829号 p.283
  21. ^ 平成17年照明普及賞” (日本語). 社団法人照明学会. 2011年8月26日閲覧。
  22. ^ a b c d e f 『鉄道ピクトリアル』通巻829号 p.53
  23. ^ ロマンスカーラインナップ 50000形 (VSE)” (日本語). 小田急電鉄. 2015年7月10日閲覧。
  24. ^ a b c 『小田急ロマンスカー総覧』 p.58
  25. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻491号 p.14
  26. ^ 『鉄道ジャーナル』通巻396号 p.95
  27. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻829号 p.280
  28. ^ 『箱根の山に挑んだ鉄路』 p.193
  29. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻679号 p.39
  30. ^ 『小田急ロマンスカー総覧』 p.61
  31. ^ a b c d e f g h i j 『鉄道ジャーナル』通巻464号 p.33
  32. ^ 『箱根の山に挑んだ鉄路』 p.209
  33. ^ 『箱根の山に挑んだ鉄路』 p.210
  34. ^ 『箱根の山に挑んだ鉄路』 p.194
  35. ^ a b 『箱根の山に挑んだ鉄路』 p.200
  36. ^ 『箱根の山に挑んだ鉄路』 p.205
  37. ^ a b c 『箱根の山に挑んだ鉄路』 p.212
  38. ^ a b 『箱根の山に挑んだ鉄路』 p.211
  39. ^ a b 『鉄道ピクトリアル』通巻767号 p.31
  40. ^ a b 『箱根の山に挑んだ鉄路』 p.213
  41. ^ 『小田急ロマンスカー』 p.137
  42. ^ 『小田急ロマンスカー』 p.148
  43. ^ 『箱根の山に挑んだ鉄路』 p.188
  44. ^ 『鉄道ダイヤ情報』通巻145号 p.44
  45. ^ a b c d 『箱根の山に挑んだ鉄路』 p.214
  46. ^ a b 『鉄道のテクノロジー』通巻12号 p.27
  47. ^ a b c d 『鉄道のテクノロジー』通巻12号 p.26
  48. ^ 『箱根の山に挑んだ鉄路』 p.215
  49. ^ a b c d e 『鉄道のテクノロジー』通巻12号 p.28
  50. ^ 『箱根の山に挑んだ鉄路』 p.220
  51. ^ a b c 『鉄道ピクトリアル』通巻767号 p.33
  52. ^ a b c 『鉄道のテクノロジー』通巻12号 pp.27-28
  53. ^ a b c 『小田急ロマンスカー総覧』 p.128
  54. ^ a b c d 『私鉄の車両2 小田急』 p.127
  55. ^ 『鉄道のテクノロジー』通巻12号 p.102
  56. ^ a b c 『ゼロ戦から夢の超特急』 p.148
  57. ^ 『鉄道ピクトリアル アーカイブス1』 p.16
  58. ^ a b c d e f g 『鉄道ファン』通巻529号 p.86
  59. ^ a b c 『鉄道ファン』通巻529号 p.87
  60. ^ a b c d 『小田急ロマンスカー総覧』 p.131
  61. ^ 『小田急ロマンスカー』 p.70
  62. ^ a b 『小田急ロマンスカー総覧』 p.130
  63. ^ a b 『ゼロ戦から夢の超特急』 p.149
  64. ^ 『小田急ロマンスカー』 p.71
  65. ^ 『小田急ロマンスカー』 p.67
  66. ^ a b c d e 『鉄道ピクトリアル』通巻829号 p.284
  67. ^ a b 『鉄道ジャーナル』通巻464号 p.40
  68. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『鉄道ジャーナル』通巻464号 p.41
  69. ^ a b c d e 『鉄道ファン』通巻529号 p.84
  70. ^ a b 『鉄道画報』通巻1号 p.9
  71. ^ a b c d e 『鉄道のテクノロジー』通巻12号 p.31
  72. ^ a b 『鉄道のテクノロジー』通巻12号 p.30
  73. ^ a b 『箱根の山に挑んだ鉄路』 p.222
  74. ^ 『鉄道ファン』通巻529号 p.84・p.86
  75. ^ 『鉄道のテクノロジー』通巻12号 p.6
  76. ^ a b 『鉄道画報』通巻1号 p.13
  77. ^ a b c d e 『鉄道ファン』通巻529号 p.83
  78. ^ 『鉄道のテクノロジー』通巻12号 p.29
  79. ^ a b c d e f g h 『鉄道ジャーナル』通巻464号 p.42
  80. ^ a b 『小田急ロマンスカー総覧』 p.26
  81. ^ a b 『鉄道ピクトリアル』通巻829号 p.191
  82. ^ a b 『鉄道画報』通巻1号 p.11
  83. ^ a b c d e f g h i 『鉄道ジャーナル』通巻464号 p.38
  84. ^ a b c d e f 『鉄道ジャーナル』通巻464号 p.29
  85. ^ a b c 『鉄道ピクトリアル』通巻829号 p.238
  86. ^ 小田急電鉄株式会社殿の新型特急「小田急ロマンスカー・VSE」へLED照明を納入 - 鉄道車両室内照明で国内初の大規模採用 - (東芝ライテック・インターネットアーカイブ・2013年時点の版)。
  87. ^ 『鉄道ジャーナル』通巻464号 p.27
  88. ^ a b 小田急電鉄株式会社 新型「小田急ロマンスカー・VSE(50000形)」用アンクルチルトリクライニング機能付車両用シートを納入” (日本語). 岡村製作所 (2005年2月4日). 2011年9月25日閲覧。
  89. ^ a b 『箱根の山に挑んだ鉄路』 p.224
  90. ^ a b c d 『鉄道ジャーナル』通巻464号 p.32
  91. ^ a b 『鉄道ピクトリアル』通巻829号 p.30
  92. ^ a b 『鉄道ジャーナル』通巻464号 p.30
  93. ^ 『小田急ロマンスカー総覧』 p.30
  94. ^ a b c d e f 『鉄道ピクトリアル』通巻767号 p.35
  95. ^ a b c 『鉄道ピクトリアル』通巻767号 p.36
  96. ^ a b 『箱根の山に挑んだ鉄路』 p.226
  97. ^ “小田急電鉄50000形全閉主電動機駆動主回路システム”. 鉄道サイバネ・シンポジウム論文集 42巻. 日本鉄道サイバネティクス協議会. (2005). p. 510. http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?JGLOBAL_ID=200902264406706159&q=50000%E5%BD%A2&t=2 
  98. ^ a b 東芝レビュー2005年3月号「2005年の技術成果」 (PDF)
  99. ^ 『ゼロ戦から夢の超特急』 p.146
  100. ^ 『鉄道ジャーナル』通巻464号 pp.38-39
  101. ^ 『私鉄の車両2 小田急』 p.124
  102. ^ a b 『鉄道のテクノロジー』通巻12号 p.38
  103. ^ 『鉄道のテクノロジー』通巻12号 p.37
  104. ^ a b c d e 『鉄道のテクノロジー』通巻12号 p.35
  105. ^ a b c d e f g h i j 『鉄道ファン』通巻529号 p.89
  106. ^ a b c 『鉄道ピクトリアル』通巻829号 p.285
  107. ^ a b 『鉄道ピクトリアル』通巻829号 p.190
  108. ^ 『鉄道ダイヤ情報』通巻277号 p.13
  109. ^ a b c d e 『2009 小田急時刻表』 p.12
  110. ^ a b c d e 『2009 小田急時刻表』 p.13
  111. ^ a b c d e f 『2009 小田急時刻表』 p.14
  112. ^ a b c d e f 『2009 小田急時刻表』 p.15
  113. ^ “2012年3月17日(土) ダイヤ改正を実施します。” (日本語) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2011年12月16日), http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/6813_2421858_.pdf 2011年12月16日閲覧, "2.主な変更内容 (2)小田急線内のロマンスカーについて" 
  114. ^ a b c d e f 『2012 小田急時刻表』 p.12
  115. ^ a b c d e f 『2012 小田急時刻表』 p.13
  116. ^ a b c d e f 『2012 小田急時刻表』 p.14
  117. ^ a b c d e f 『2012 小田急時刻表』 p.15
  118. ^ 『鉄道ダイヤ情報』通巻277号 p.8
  119. ^ a b 『鉄道ピクトリアル』通巻829号 p.36
  120. ^ a b c d 『箱根の山に挑んだ鉄路』 p.232
  121. ^ a b 『小田急ロマンスカー総覧』 p.169
  122. ^ 『小田急ロマンスカー総覧』 p.121
  123. ^ a b c 『鉄道画報』通巻1号 p.24
  124. ^ 『鉄道画報』通巻1号 p.26
  125. ^ 『小田急ロマンスカー総覧』 p.24
  126. ^ 『小田急ロマンスカー総覧』 p.32
  127. ^ 『鉄道ジャーナル』通巻464号 p.26
  128. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻829号 p.163
  129. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻829号 p.57
  130. ^ 『鉄道ジャーナル』通巻522号 p.147
  131. ^ 小田急ロマンスカーの代走運用が拡大” (日本語). 交友社鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース (2010年1月21日). 2011年8月25日閲覧。


「小田急50000形電車」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「vault super express」の関連用語

vault super expressのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



vault super expressのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
小田急電鉄小田急電鉄
Copyright 2021 Odakyu Electric Railway Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小田急50000形電車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS