Rock Around The Clockとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > Rock Around The Clockの意味・解説 

ロック・アンド・ロール

原題:Rock Around The Clock
製作国:アメリカ
製作年:1956
配給:コロムビア配給
スタッフ
監督:Fred F. Sears フレッド・F・シアーズ
製作:Sam Katzman サム・カッツマン
原作:Robert E. Kent ロバート・E・ケント

James B. Gordon ジェームズ・B・ゴードン
脚本:Robert E. Kent ロバート・E・ケント

James B. Gordon ジェームズ・B・ゴードン
撮影:Benjamin H. Kline ベンジャミン・H・クライン
音楽監督:Fred Karger フレッド・カーガー
振り付け:Earl Barton アール・バートン
キャスト(役名
Alan Freed アラン・フリード (Alan Freed
Johnny Johnston ジョニー・ジョンストン (Steve Hollis
Alix Talton  (Corinne Talbot
Lisa Gaye リサ・ゲイ (Lisa Johns
John Archer ジョン・アーチャー (Mike Dennis
Henry Slate ヘンリー・スレイト (Corny LaSalle
Bill Haley and His Comets  (不明
The Platters ザ・プラターズ (不明
Tony Martinez and His Band  (不明
Freddie Bell and His Bellboys  (不明
解説
先頃世界各地公開の際、ティーン・エイジャー観客層による騒動ひき起こした問題作である。観客席若い男女狂熱的な興奮与えた”ロック・アンド・ロール”は通称リズム・アンド・ブルースといわれるもので、黒人の踊り類似した強烈なリズムを持つ。本編は、リズム・アンド・ブルース元祖ビル・ヘイリーとそのコメッツ始めザ・プラターズ、トニー・マルティネスとそのバンドフレディ・ベルとベルボーイズ、アラン・フリードなど有名楽団芸能人大挙出演して、”ロック・アラウンド・ザ・クロック””オンリー・ユー”など十数曲を演奏リサ・ゲイアール・バートンが”ロック・アンド・ロール”の踊り見せる。ロバート・E・ケントジェームズ・B・ゴードン脚本を「死刑囚2455号」のレッド・H・クライン撮影フレッド・カーガー音楽監督それぞれ担当した黒白1956年作品
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されいますのでご注意ください
楽団マネージャースティーヴジョニー・ジョンストン)が新スタイル強烈なジャズ注目したことからバンド・リーダービル・ヘイリービル・ヘイリー)が各地演奏して大当たりをとり、踊り子リサ結ばれる

ロック・アラウンド・ザ・クロック

(Rock Around The Clock から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 23:56 UTC 版)

ロック・アラウンド・ザ・クロック」(Rock Around the Clock)は1954年に発表されたアメリカポピュラー・ソング。作詞・作曲:ジェイムズ・E・マイヤーズ(James E. Myers)、マックス・C・フリードマン(Max C. Freedman)。


  1. ^ a b c d e f g The Story of 'Rock Around the Clock': The First Cuckoo of Spring
  2. ^ 英語版wikipediaRock Around the Clockより引用 2017年5月20日閲覧
  3. ^ a b c d e f g Finnis,Rob(著)『DON'T KNOCK THE ROCK』NEW KOMMOTION Vol.24、1980年、16頁
  4. ^ http://www.45cat.com/artist/sonny-dae-and-his-knights
  5. ^ Gardner,Chris(解説)『ROCK THE JOINT!』ROLLER COASTER LP、1985年。
  6. ^ Rock'n Country Style
  7. ^ a b かまち潤『ヒットパレード黄金時代 ラジオから生まれたヒット曲 1955-1970』シンコー・ミュージック、1997年、4-5頁。ISBN 4-401-70130-5
  8. ^ 小藤武門『S盤アワーわが青春のポップス』巻末掲載「ポピュラー音楽年表 1945〜1982」アドパックセンター、1982年、95頁。ISBN 4-900378-02-X。(この章のみ本文とは別にノンブルが打たれている)
  9. ^ a b The Composer of "Rock Around The Clock" JAMES E. MYERS
  10. ^ 英語版wikipediaMax C.Freedmanより引用 2017年6月20日閲覧
  11. ^ 『ギネス世界記録 2010』ゴマブックス、2009年、29頁。ISBN 9784777115297
  12. ^ 500 Greatest Songs of All Time: Bill Haley and His Comets. (We're Gonna) Rock Around the Clock' | Rolling Stone
  13. ^ フレッド・ブロンソン(著)、井上憲一ほか(訳)『ビルボード・ナンバー1・ヒット (上) 1955-1970』音楽之友社、1988年、20頁。ISBN 4-276-23601-0
  14. ^ 『ビルボード・ナンバー1・ヒット (上) 1955-1970』4頁。
  15. ^ 八木誠(監修・著)『洋楽ヒットチャート大事典』小学館、2009年、10頁。ISBN 978-4-09-387811-1
  16. ^ a b c d 資料 日本ポピュラー史研究(上巻)1982年 黒沢進 著
  17. ^ ポピュラーヒット25年史(上巻)、ジャッキー吉川とブルー・コメッツ公式サイト。 - 2019年2月2日閲覧。
  1. ^ 著作権登録から録音まで約1年であるが原文をそのまま引用した
  2. ^ a b 1970年 Rob FinnisがMilt gablerに対して行ったインタビュー
  3. ^ バルコニーは室内の桟敷を指す
  4. ^ Charlie HiglerはComets最初のドラマー。ツアー参加のみ、録音の記録は無い。サックスがバンド編入される以前の写真
  5. ^ 原文では5月10日発売となっているがChris Gardner氏作成のディスコグラフィーに基づいた。他に20日説もあり


「ロック・アラウンド・ザ・クロック」の続きの解説一覧

「Rock Around the Clock」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

Rock Around The Clockのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Rock Around The Clockのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロック・アラウンド・ザ・クロック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS