78式雪上車とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 陸上自衛隊装備品 > 78式雪上車の意味・解説 

78式雪上車

78式雪上車 諸元性能
乗員 12人
車両総重量 6.0t  
全長 5.20m  
全幅 2.49m
全高

2.43m

最大積載量 1.0t
最高速度 45km/h
登板能力 tanθ約25%(けん引時)
エンジン 水冷4サイクル8気筒
  ディーゼル機関
 

175ps/2.800rpm

開発 防衛庁技術研究本部
製作 大原鉄工所
備考  
 
積雪地における各種装備品補給品などの積載けん引等に使用されるもので、雪上走行のほか、除雪堅硬道の走行ができる。昭和53年制式制定され、平成8年78式雪上車(B)に制式改定された。

78式雪上車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/22 14:35 UTC 版)

78式雪上車(ななはちしきせつじょうしゃ)は、陸上自衛隊の主に普通科部隊が、雪上における物資・機材のけん引や人員の輸送・哨戒に使用する雪上車[1]。主に北海道の部隊(普通科以外の部隊も含む)、上越市第2普通科連隊米子市第8普通科連隊など日本海側の豪雪地帯に配備されており、また、軽雪上車と同じ場所に配備される事が多い。1978年(昭和53年)に制式採用され、1996年(平成8年)に78式雪上車(B)型の配備が開始された[2]


  1. ^ a b c 自衛隊装備年鑑 2006-2007,朝雲新聞,P63, ISBN 4-7509-1027-9
  2. ^ a b c d PANZER 臨時増刊 陸上自衛隊の車輌と装備2012-2013 2013年1月号,アルゴノート社,P129
  3. ^ 通常であれば大型特殊さえ取得していれば操縦可能だが、変速が5速MTであり、かつ公道走行時の操縦能力が試される関係上、部隊では大型免許の取得が求められる
  4. ^ 実際には整備員が行う定期整備が半年毎にあるので無整備ではない、基本的に5月の運用終了時と10月の運用開始直前の2回整備が行われる。5月の時点で不具合箇所の点検整備及び車検など、10月では使用前のオイル関係の点検チェックが行われる
  5. ^ 日本の雪上車の歩み,細谷昌之,国立極地研究所,P144-153,2001年
  6. ^ 特にシフトレバーと各種計器スイッチなど


「78式雪上車」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「78式雪上車」の関連用語

78式雪上車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



78式雪上車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
陸上自衛隊陸上自衛隊
Copyright (C) 2019 陸上自衛隊 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの78式雪上車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS