鯉魚図鐔とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 刀装具一覧 > 鯉魚図鐔の意味・解説 

鯉魚図鐔

鉄槌目地木瓜形鋤彫布目象嵌
江戸前肥後国
73.3ミリ
70ミリ
切羽厚さ5.2ミリ
桜の花びら舞い散る池に悠然と泳ぐ造り込み四隅を切り込んだ草体木瓜形。目が残された鍛えい鉄地は抑揚変化のある肌合いを呈し、これに錆と黒漆複合して意図せぬ景色を生み出している。地を浅く鋤き下げて肉彫とし、各部消え入りそうな毛彫施し、錆地に同化するような渋い色合いの銀布目象嵌要所施している。作者は独特の意匠表現で知られる肥後金工二代甚五と極められている。
鯉魚図鐔




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鯉魚図鐔」の関連用語

1
90% |||||

鯉魚図鐔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

波兎図鐔

松樹図鐔

花喰鳥図大小目貫

家紋透図大小鐔

上下笹繋透図鐔

鯉魚図揃金具

菊軍鶏図大小鐔

木賊刈図鐔





鯉魚図鐔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2017 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2017 Weblio RSS