高泌乳牛とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 酪農用語 > 高泌乳牛の意味・解説 

高泌乳牛(スーパーカウ)


人間に、おっぱいがよく出るお母さんと出にくいお母さんがいるように、母牛も乳量はさまざまです。高泌乳牛とは、簡単にいえばお乳のたくさん出る母牛のこと。それは育種改良や飼育技術の向上など、乳量増やすためにいろいろなことに取り組んだ酪農家たちの努力結晶なのです
乳牛人間と同じように分娩をするとお乳を出します泌乳とはお乳を出すことですが、1回の分娩250から360日くらいの泌乳期間があります。そこで305日を1泌乳期として、乳量測る方法ありますこの期間に8,000から9,000kg以上のお乳を出す乳牛を、高泌乳牛の目安としています。驚くことに、1日あたり約30kgのお乳を出し続けるわけです。ちなみに乳量分娩後ヵ月くらいでピークとなり、あとは徐々に減少していく傾向あります
さて、最近では、日本でも1泌乳20,000kgという乳量を誇る「スーパーカウ」が注目されはじめました。なんと1日あたり約70kgものお乳を出す、まさにスーパー!です。遺伝的な能力優れていたり、乳器が十分に発達しているなどの条件が整ってはじめて高泌乳牛となります。しかし、ここで忘れならないのは、牛乳としての栄養風味高めるためエネルギー含量の高い飼料与えるなど、酪農家たちの毎日工夫。牛と人間協力によって、たくさんのお乳が生まれるのですね。


高泌乳牛
日本を大表するスーパーカウ」の1頭、アイダロッタ マリナー
ジェー。1泌乳306日で、22,317kgもの乳量記録しています。




<ミルククラブ情報誌'95 AUTUMN vol.17より>


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高泌乳牛」の関連用語

1
58% |||||

2
50% |||||

3
12% |||||

高泌乳牛のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高泌乳牛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2020 Japan Dairy Council All right reserved.

©2020 Weblio RSS