集落営農とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 集落 > 集落営農の意味・解説 

集落営農

農業集落単位として、農業経営についての共同化・統一に関する合意の下に実施される営農のことで、これによって経営されている面積割合とした。なお、農業機械共同利用農作業共同化、栽培協定等、作業一部係るものは含めない。

集落営農(組織)

 集落など地縁的にまとまりのある一定の地域内の農家農業生産工程全部又は一部共同して行う営農活動、又はそのような営農活動を行う組織総称。(任意組織形態とっているものが多い。)
 ①共同購入した機械施設共同利用、②転作田団地化など農地の利用調整、③中心的担い手主な作業委託し、生産から販売まで共同化するなど、地域実情に応じてその取組内容多様である。
 農業政策上も、①生産効率化、②コスト低減、③農地の保全管理それぞれの集落営農の機能役割に応じ、支援策を講じている。(⇒(農業集落



集落営農と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「集落営農」の関連用語

集落営農のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



集落営農のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright:2020 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
農林水産省農林水産省
Copyright:2020 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan

©2020 Weblio RSS