連続起業家とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 連続起業家の意味・解説 

れんぞく‐きぎょうか〔‐キゲフカ〕【連続起業家】

読み方:れんぞくきぎょうか

シリアルアントレプレナー


シリアルアントレプレナー

別名:連続起業家
【英】serial entrepreneur

シリアルアントレプレナーとは、いくつもベンチャー事業次々と立ち上げる起業家アントレプレナー)のことである。「シリアル」(serial)は「連続的なという意味の英語。

シリアルアントレプレナーは、ベンチャー企業立ち上げた後、事業軌道に乗せることに成功すると、その事業から半ばあるいは完全に手を引き、また別のベンチャー企業立ち上げに取り組む。あるいは、事業不成功に終わり倒産することになった場合も、失敗を糧としてやはり次の事業スタートする

事業成功して手を引く場合には、株式公開契機として後任経営引き継いだり、他社事業譲渡売却行ったりといったケースが多い。いくつも事業成功に導くために、一般的なベンチャー起業家にも増してアイデア性、実行力人脈経営手腕、あるいは強靭な精神力が必要とされる

シリアルアントレプレナーの例としては、「Virgin Records」を創業し音楽産業中心的存在となった後、航空事業参入し2004年には民間宇宙旅行会社設立しているリチャード・ブランソンRichard Branson)などを挙げることができる。また、ニクラス・セントローム(Niklas Zennström)とヤヌス・フリスJanus Friis)は、ファイル共有ソフトKazaa」、VoIPシステムSkype」、P2P動画配信サービスJoost」などを立ち上げたことで知られている

日本米国などに比べて、社会制度としても風潮としても、シリアルアントレプレナーが登場しにくいと評されることがままあるレンタルサーバーロリポップ!」の提供などで知られるpaperboy&co.創設者家入一真は、paperboy&co.ジャスダック上場果たした後に代表取締役退任し都内カフェ・レストラン開店しクラウドファンディングstudygift」に共同設立者として参加EC電子商取引ソリューションBASE」の共同創業者取締役に就任するなどしており日本におけるシリアルアントレプレナーとして知られている



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

連続起業家のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



連続起業家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリシリアルアントレプレナーの記事を利用しております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS