退薬症状とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 症状 > 退薬症状の意味・解説 

たいやく‐しょうじょう〔‐シヤウジヤウ〕【退薬症状】


離脱症状

読み方りだつしょうじょう
別名:退薬症状,禁断症状

依存性のある薬物などの反復使用中止することから起こる病的症状

 依存性のある薬物などの反復使用中止することから起こる病的症状のことです。
 禁煙が難しいことは知られています。タバコ含まれるニコチンなどは依存性があり、「タバコを吸いたいと強く思う」「集中できない」「頭痛」などの離脱症状を引き起こし禁煙難しくしていますアトピー性皮膚炎ステロイド剤長期使用でも、使用中止することで「一時的に皮膚症状悪くなる」という離脱症状を示すことがあります麻薬など強い依存性をもつものでは、「体中が這う感覚」や「骨が飛び散るような痛み」を覚えることがあり、精神異常をきたしてしまうこともあります。
 長期使用した薬剤依存性の高い薬剤でも、医師指導のもと徐々に量を減らすなど適切な使用中止を行えば、禁断症状緩和されます。




退薬症状と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

退薬症状のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



退薬症状のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
厚生労働省厚生労働省
(C)2022 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット

©2022 GRAS Group, Inc.RSS