軽犯罪法違反とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 軽犯罪法違反の意味・解説 

軽犯罪法違反

読み方:けはんざいほういはん

軽犯罪法定め禁止事項抵触すること。ならびにその罪。

軽犯罪法1948年成立し、1973年改訂、それ以降2014年現在までは改訂されていない1973年最終改訂となっている)。第1条が全34項目からなり、続く第2条から第4条まで各1項目、および附則という、比較シンプル内容となっている。

軽犯罪法違反に該当する内容には、立入禁止の場所へ無断侵入をはじめ、騒音・わめき散らし、のぞき、露出狂浮浪乞食行為などが含まれる

軽犯罪法該当する内容でも、程度状況によっては、軽犯罪法違反ではなく別個の他の法律違反問われるものが多い。たとえば第1条28項では立ちはだかり・つきまとう行為について規定しているが、これは状況によってはストーカー規制法などが適用されることになる。

なお、第1条21項は動物虐待行為関連する規定であったが、これは動物愛護法成立を受けて削除されている。

軽犯罪法第2条は情状酌量について、第3条は教唆幇助について、第4条は軽犯罪法適用する際の留意点について規定されている。

関連サイト
軽犯罪法 - e-Gov




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「軽犯罪法違反」の関連用語

軽犯罪法違反のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



軽犯罪法違反のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS