試みるとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 試み > 試みるの意味・解説 

こころ・みる【試みる】

[動マ上一][文][マ上一]心見る、の意》

実際に効力効果などをためすために行う。ためしにやってみる。「実験を—・みる」「抵抗を—・みる」

試飲試食をする。

此の飯(いひ)と今の供養の飯と速やかに—・み合はすべし」〈今昔・四・二〉

[用法] こころみる・ためす——「機械がうまく動くかどうかもう一度試みる(試す)」など、とにかくやってみるの意では相通じて用いられる。◇「試みる」は、どんな結果になるかわからないが、とにかくやってみるという意が強い。「被災地連絡を取ろうと試みたが駄目だった」などと使う。◇「試す」は「耐久性を試す」「恋人の心を試す」など、対象とするものの性能実態を知るためにやってみるの意が強い。


こころ‐・みる【試】

〔他マ上一〕

ためしに行なうやってみるまた、効果などを実地試験してみる。

書紀720神代下(寛文版訓)「僉(みな)曰(まう)さく天穂日(あまのほひ)の命是れ神(かみ)の傑(すくれたる)なり。試(ココロミ)たまは不(さ)る可けん歟(や)」

*竹取(9C末‐10C初)「猶これをやきて心みんと云」

范の犯罪(1913)〈志賀直哉〉「私は一寸眼をねむって心を鎮めようと試みました」

② 特に、治療などをしてみる。診察する。

源氏100114頃)桐壺猶しばし心みよとのみのたまはするに、日々にをもり給て」

試飲試食する。

今昔1120頃か)四「此、仏の在世時の飯也、断惑聖人の食也。此の飯と今の供養の飯と速に試み合すべしと」

[語誌](1)平安時代用例上一段活用が普通。本来は上一段活用だけと考えられる。「色葉字類抄」には前田本黒川本共に「試 ココロム 式吏反 ココロミル」とあり、院政期あたりから上二段活用あらわれて並行して用いられたようである。
(2)中世以降上二段活用の方が一般化したらしく、たとえば「文明本節用集」などの古本節用集では、多く「試 ココロム」とある。近代以後ふたたび上一段化したと考えられる


試みる

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 11:33 UTC 版)

和語の漢字表記

みるこころみる)

  1. こころみる」を参照



試みると同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「試みる」の関連用語

試みるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



試みるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの試みる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS