羊膜類とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 羊膜類 > 羊膜類の意味・解説 

よう まくるい やう- [4] 【羊膜類】

脊椎動物のうち、羊膜をもつ、爬虫類鳥類哺乳類総称一般に陸上生活に適し、肺呼吸を行う。有羊膜類

有羊膜類

(羊膜類 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/30 23:00 UTC 版)

有羊膜類(ゆうようまくるい Amniota)とは、四肢動物のうち、発生の初期段階に羊膜を持つものの総称。単に羊膜類 (Amniota) ともいい、英語からそのままオムニオタと呼ぶこともある。また、を持たないことから無鰓類とも呼ばれる。


  1. ^ Benton M.J. and Donoghue P.C.J. 2006. Palaeontological evidence to date the tree of life. Molecular biology and evolution. 24(1): 26–53. [1]


「有羊膜類」の続きの解説一覧



羊膜類と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「羊膜類」の関連用語

羊膜類のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



羊膜類のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有羊膜類 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS