浴びるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 浴びるの意味・解説 

あ・びる【浴びる】

[動バ上一][文]あ・ぶ[バ上二]

上から注がれた物を身に受ける。

水・湯などを勢いよくからだに受ける。「シャワーを—・びる」「ひと風呂—・びる」「—・びるほど酒を飲む

㋑細かいものや光などを全体に受ける。「車の舞い上げ土ぼこりを—・びる」「砲火を—・びる」「夕日を—・びる」

打撃となるような)ある行為を受ける。「強烈一発を—・びて倒れる」

感情的言葉質問などを続けざまに受ける。「罵声(ばせい)を—・びる」「喝采(かっさい)を—・びる」「視線を—・びる」

[用法] あびる・かぶる——どちらも・ほこりなどを全身に受けることを表すが、「かぶる」のほうが頭からくまなく覆い尽くす意味合いが強い。◇「を浴びる」「ひと風呂浴びる」は、からだをきれいにしたり、くつろぐことを目的にからだにかけたり湯に入ったりすることである。「をかぶる」は水垢離(みずごり)のように頭から多量水をかけることで、「稲がをかぶる」は水中没するという意に使われる。◇「日差しを浴びる」「非難を浴びる」とはいうが、「かぶる」とはいわない。「波をかぶる」「責任をかぶる」とはいうが、「浴びる」とはいわない


あ・びる【浴】

〔他バ上一〕 [文]あ・ぶ 〔他バ上二〕

① 湯、などを体にかぶる。浴(あ)む。

(10C終)二五「寝おきてあぶる湯は、はらだたしうさへぞおぼゆる」

俳諧曠野(1689)六「あびよ干(ほす)上を踏ずとも〈釣〉」

② 湯をかぶる。転じて、風呂に入る。

今年竹191927)〈里見弴〉夏霜枯ひと風呂あびるから、支度をしてくれ」

③ 光、ほこりなどを全身に受ける。また、非難称賛などをまともに受ける。

良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「女房夕日を浴びて」

茶話(1915‐30)〈薄田泣菫雄弁家親孝行のやうな聴衆喝采を浴(ア)びながら」

④ 刀、弾丸などで、全身攻撃を受ける。比喩的激しく攻撃を受ける場合にもいう。

人情本明烏後正夢(1821‐24)初「ばッさりあびる一太刀の、深手にウ、ウーン反返る

(5) 大いに飲む。鯨飲する。

滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)六「『〈略〉なぜかこよひは酒がのみたくねへ。お盃ばかり。ハイそれへあげませう』『あがらんのかな』『ナニあびるくらいさ』」


浴びる

出典:『Wiktionary』 (2018/11/25 14:16 UTC 版)

漢字混じり表記

びる(あびる)

  1. あびる」を参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「浴びる」の関連用語

浴びるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



浴びるの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの浴びる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS