旧米江旅館本館北棟とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > 旧米江旅館本館北棟の意味・解説 

旧米江旅館本館北棟

名称: 旧米江旅館本館北棟
ふりがな きゅうよねえりょかんほんかんきたとう
登録番号 320011
員数(数): 1
員数(単位):
構造 木造2階建、瓦葺建築面積150
時代区分 昭和
年代 昭和2
代表都道府県 島根県
所在地 島根県松江市伊勢宮町535
登録基準 造形規範となっているもの
備考(調査):
施工者:
解説文: 松江城下の市街地にある老舗旅館建築敷地北側の街路に面して建つ北棟は,切妻造平入の2階建で,入母屋造玄関設ける。2階を客室6室とするが,各室ごとに良質銘木珍木を用い趣向を凝らした座敷飾を整え,当時和風建築のあり様を示している。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

旧米江旅館本館北棟のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



旧米江旅館本館北棟のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS