応急危険度判定とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 応急危険度判定の意味・解説 

応急危険度判定

読み方:おうきゅうきけんどはんてい

震災などによって損壊した家屋二次的被害を生まないように、家屋の危険度を応急的に診断する作業のこと。「応急危険度判定士」として認定された技術者震災発生直後から作業に当たる。

応急危険度判定は、余震による倒壊屋根瓦落下などよって居住者通行人に危険が及ぶ可能性などを診断する応急作業である。罹災証明書り災証明書)を発行するために行われる罹災状況判定とは観点異なり別個の作業となる。

関連サイト
応急危険度判定とは - 応急危険度判定協議会


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「応急危険度判定」の関連用語

応急危険度判定のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



応急危険度判定のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS