屋内退避圏とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 屋内退避圏の意味・解説 

屋内退避圏

読み方:おくないたいひけん

原子力事故などが発生した際、放射性物質などを避けるために「屋内待避」するように指示が出されている地域

屋内退避圏は当の原子力施設中心とした周辺地域対象となるが、事故の危険度により数キロ数十キロ対象圏域異なる。避難指示よりは軽度指示であると言える自己判断により避難することもできる。

屋内退避圏内の家庭では、窓や通気孔密閉したり外出控えたりする必要はあるが、家屋内ではほぼ通常通りに生活することが可能である。そのため物資の不足などの不便は知られにくく、また農作物風評被害対象とされやすいという問題抱えやすい。

2011年3月発生した東京電力福島第一原子力発電所事故では、屋内退避圏に位置している福島県南相馬市内の病院で、点滴用の薬剤が不足し患者亡くなるなどしている。

2011年4月11日には、これまで屋内退避圏に指定されていた原発より20キロ30キロ圏内市町村が「計画的避難区域」および「緊急時避難準備区域」に指定された。「計画的避難地域」は特に地理条件などから放射線量の高いと見込まれる地域で、ひと月目処とする計画的避難要請される。「緊急時避難準備区域」では状況悪化などに応じて屋内退避避難などの行動に移れるよう準備しておくことが要請される。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「屋内退避圏」の関連用語

屋内退避圏のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



屋内退避圏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS