哀愁列車とは?

哀愁列車

原題:
製作国:日本
製作年:1957
配給:
スタッフ
監督:枝川弘 エダガワヒロム
製作:永田秀雅 ナガタヒデマサ
原案:八坂薫 ヤサカカオル
脚本:藤川治夫 フジカワハルオ
企画:藤井浩明 フジイヒロアキ
撮影:板橋重夫 イタバシシゲオ
音楽:加藤三雄 カトウミツオ
美術:山口■ ※■は[冫熙] 
録音:飛田喜美雄 トビタキミオ
照明:伊藤幸夫 イトウユキオ
キャスト(役名
川崎敬三 カワサキケイゾウ (田島圭一)
藤田佳子 フジタヨシコ (佐々道子
見明凡太朗 ミアケボンタロウ (小林刑事
杉田康 スギタコウ (井原
宮島健一 ミヤジマケンイチ (松本巡査
須藤恒子 スドウツネコ (松本巡査の妻)
本山雅子 モトヤママサコ (女中おのぶ)
伊達正 ダテタダシ (番頭新吉)
持留絹子  (花嫁
花野富夫 ハナノトミオ (宿屋の若旦邦)
高田宗彦 タカダムネヒコ (圭一の兄貴分
高村信孝 タカムラノブタカ (男の子
解説
三橋三智也ヒットソングにもとづく歌謡メロドラマ八坂薫原案から藤川治夫脚本書き、「朝の口笛」の枝川弘監督した。撮影は「誰かが殺される」の板橋重夫主演は「満員電車」の川崎敬三、「名犬物語 吠えろシェーン」の藤田佳子。ほかに見明凡太朗
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ふとしたことから悪の道に入り兄貴分殺害した田島圭一は、警察の眼を逃れ信州逃げた。山中炭焼小舎で一夜明した圭一は、翌朝池に身を投げようとしている若い女、佐々道子を救った。道子は、貧しいため身を売られようとするのを嫌って死を選んだ身の上だった。疲労前夜列車から飛び降りた際の傷とで倒れた圭一を助けて、道子旅館にたどり着いた。二人連れが幸いして宿の人にも怪しまれず、その夜圭一は道子真心こめた介抱を受けた。翌朝圭一は元気を回復、不幸な者同士、すっかり打ち解け合った。その頃圭一を追って小林刑事道子には井原というやくざがそれぞれやって来た。とも知らない二人は、一緒に逃げようと固く抱き合った。ところが道子井原発見され、話をつけようとした圭一は、またしても井原を殺す破目になった。二人連れの危険を感じ別れ別れに駅へいそぐうち圭一は小林刑事に捕えられてしまった。圭一を求めて道子ホーム駈け上って来た時、圭一を乗せた列車動き出していた。彼女の涙にうるむ眼に、列車の赤いテイル・ライトがいつまでもうつっていた

哀愁列車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/11 15:20 UTC 版)

哀愁列車」(あいしゅうれっしゃ)は、1956年にリリースされた三橋美智也のシングル。全盛期の三橋の代表曲で、最終的には250万枚も売り上げて、同年発表の「リンゴ村から」に次ぐミリオンセラーとなった。NHK紅白歌合戦では初出場を果たした同年、人気歌手枠で返り咲いた1974年と二度も歌われた。






「哀愁列車」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「哀愁列車」の関連用語

哀愁列車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



哀愁列車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの哀愁列車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS