哀愁の花びらとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > 哀愁の花びらの意味・解説 

哀愁の花びら

原題:Valley of the Dolls
製作国:アメリカ
製作年:1967
配給:20世紀フォックス配給
スタッフ
監督:Mark Robson マーク・ロブソン
製作:David Weisbart デイヴィッド・ワイスバート
原作:Jacqueline Susann ジャクリーン・スーザン
脚色:Helen Deutsch ヘレン・ドイッチェ

Dorothy Kingsley ドロシー・キングスレイ
撮影:William Daniels ウィリアム・ダニエルズ
音楽:John Williams(2) ジョン・ウィリアムス
編集:Dorothy Spencer ドロシー・スペンサー
キャスト(役名
Barbara Parkins バーバラ・パーキンス (Anne Welles
Patty Duke パティ・デューク (Neely O'Har
Sharon Tate シャロン・テイト (Jennifer North
Susan Hayward スーザン・ヘイワード (Helen Lawson
Paul Burke ポール・バーク (Lyon Burke
Tony Scotte トニー・スコッティ (Tony Polar
Martin Milner マーティン・ミルナー (Mel Anderson
Lee Grant リー・グラント (Miriam
解説
ジャクリーン・スーザンベスト・セラー小説人形の谷』を、「明日泣く」のヘレン・ドイッチェと「ペペ」のドロシー・キングスレイ脚色、「名誉と栄光のためでなく」のマーク・ロブソン監督にあたった芸能界舞台にした若い3人の女性たちのドラマ撮影は「脱走特急」のウィリアム・ダニエルス音楽は「おしゃれ泥棒」のジョニー・ウィリアムス(2)が担当した。出演TVペイトンプレイス物語」で売り出し新星バーバラ・パーキンス、「ビリー」のパティ・デューク、「サンタモニカの週末」のシャロン・テイト、「三人の妻への招待状」のスーザン・ヘイワード、「南極ピンク作戦」のポール・バーク歌手トニー・スコッティなど。製作は「マドリードで乾杯」のデイヴィッド・ワイスバート
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
大学を出てニューヨークにやってきたアンバーバラ・パーキンス)は、芸能周旋社に秘書として入社した。初仕事は大スターヘレンスーザン・ヘイワード)の契約をとることだったが、ヘレンは有望な新人ニーリーパティ・デューク)を自分ショウから、はずすことを条件承諾した。舞台くわれるのを恐れたためである。その後ニーリーは、宣伝メル世話テレビナイトクラブ出演し、実力にみあう人気得ていった。ニーリー親しグラマー女優ジェニファーシャロン・テイト)はナイトクラブ歌手トニー結婚した。ニーリーメル結婚したが急にスターになったニーリーは、日ごとわがままになり、2人離婚彼女はデザイナーテッド再婚した。一方アン社長補佐役をしているライオン・バークと肉体関係を持つようになったアン母親急死帰省した彼女をバーク追ってきた。芸能界から足をあらい一緒に田舎暮らしたいと言ったが、アン拒否。彼は故国イギリスへ帰っていったその後アンはコマーシャル・ガールとなって売り出しスポンサーとの関係もできたが、バーク思い切ることはできなかった。バークが再び芸能界帰ってきた再会した2人海辺の家で生活を始めた。その頃ニーリーは酒と身体をこわし精神病院入院。ジェファーは不治の病入院した夫トニー入院費を得るために、パリへ行ってピンク映画出演。だが帰国病気になり、グラマー女優生命ともいうべきバストを切りとらねばならなくなった。彼女は自殺した。一方退院芸能界復帰したニーリーマネージメントバーク担当した。その頃すでに再婚した夫とも別れていた彼女はバークと関係を結んだ。そして自分作品出演する有望新人を、くわれるかもしれないという心配から、どんどん馘にした。かつて自分がそうされたように。そのうえ、またしても睡眠薬と酒で身体をこわし、自分は大スターだと叫びながら、路上で倒れた。バークを失ったアンは、ひとり故郷に帰っていた。そこへバークが再び帰ってきた。しかし彼女は故郷の空気を吸いながら、当分ひとりでここにいたい、この土地が、自分は1番好きなのだと答えのだった


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「哀愁の花びら」の関連用語

哀愁の花びらのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



哀愁の花びらのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2019 Weblio RSS