向獅子マークとは?

Weblio 辞書 > 食品 > お酒・飲料事典 > 向獅子マークの意味・解説 

向獅子マーク

かつてのサントリー社章。この向獅子マークの原型である「中央三角獅子」は明治31年鳥井鳥井信治郎の兄)の名義によって商標登録されました。そして明治39年、信治郎は最初製品に「向獅子甘味葡萄酒」と名づけ、このマーク使用しています。
また、社章となった2頭の獅子向かい合ってを守っているマークは、すでに昭和4年わが国最初に発売された本格ウイスキー白札」の肩貼に見られます。このには二つのSの文字が書かれていますが、このSSは、ラテン語の「スピリタス サンクタス(SPIRITAS SANCTUS)」の頭文字をとったもので、「聖なる生命」「いのちの水」という意味です。ウイスキーブランデーは、昔「生命の水」と呼ばれており、サントリーにもゆかりの深い言葉でした。
なお、獅子紋章百獣の王として、その強さ威厳のある美しさから西洋では古くから最も多く用いられている紋章一つです。
向獅子マーク


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「向獅子マーク」の関連用語

向獅子マークのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



向獅子マークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2020 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典

©2020 Weblio RSS