企業内容開示制度とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 企業 > 企業内容開示制度の意味・解説 

企業内容開示制度

株式募集売り出しの際に義務付けられる企業内容に関する開示制度
一般にディスクロージャー」と呼ばれています。株式公開する企業債券発行する時は、投資家企業実態判断するのに必要な資料開示することが義務づけられています。このうち投資家本人目論見書交付するのが「直接開示」で、これには有価証券報告書をもとに募集要項当該企業概要経理状況などが事細か記載されています。これに対し、情報を手に入れたい人が大蔵省発行会社証券取引所などに出向き、備え置かれた目論見書を見るのが「間接開示」です。いずれも投資家正し判断するのを助け取引透明性高めるのが狙いです。また、会社株主総会前に企業作成する営業報告書直接開示1つです。カラフル写真グラフ多用し、投資家理解しやすい営業報告書作成するケースも増えています。



企業内容開示制度と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「企業内容開示制度」の関連用語

企業内容開示制度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



企業内容開示制度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2019 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS