マルティン・ベハイムとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 地理学者 > 地図製作者 > マルティン・ベハイムの意味・解説 

マルティン・ベハイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/24 07:16 UTC 版)

マルティン・ベハイム(Martin (von) Behaim、1459年10月6日 - 1507年7月29日)は、ポルトガル王に仕えたドイツ人天地学者天文学者地理学者探検家である。Martinho da BoémiaMartin BohemusMartin Behaim von Schwarzbach とも呼ばれ、ラテン語では Martinus de Boemia と呼ばれた。


  1. ^ Antonio Pigafetta, (イタリア語) Pigafetta, Antonio. Relazione del primo viaggio intorno al mondo, Zip Text/e-Book http://www.e-text.it/ and Liberliber.it Archived 2006年3月19日, at the Wayback Machine., retrieved on: 13 June 2007
  2. ^ "The Representation on Maps of the Magalhaes Straits before Their Discovery". Richard Hennig, Imago Mundi, Vol. 5, (1948), pp. 32-37
  3. ^ In RAMUSIO's Navigazioni e viaggi, Venice 1554, I. 392.
  4. ^ Wagenseil, Nuremberg 1682
  5. ^ 例えば、Antilia は7つの都市があるという伝説の島で、後のオランダ領アンティルの名前の由来となっている。


「マルティン・ベハイム」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マルティン・ベハイム」の関連用語

マルティン・ベハイムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マルティン・ベハイムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマルティン・ベハイム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS