ポーティングとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > OSS用語 > ポーティングの意味・解説 

ポーティング【porting】

[名](スル)移植4


ポーティング

【英】:Porting

ソースコードを使って、元のソフトウェアが対応していないプラットフォームでそのソフトウェア動作するように作業することを指す。日本語では「移植」と呼ぶ。また、国内では、ポーティングされたバージョンを「移植版」などと呼ぶ。
基本的には、オリジナルソースコードそのまま利用するが、特定のプラットフォーム用のコード付け加えることもある。オープンソースソフトウェアでは、オリジナル機能を変えたり、プラットフォームとは関係なく機能削除したり、オリジナルにない機能追加したりすることはほとんど行われない。ただし、商用ソフトウェアなどでは、プラットフォーム違いマーケット違いになるため、「移植版」などと呼んでいても、機能追加されるなど大幅改良されることもある。
関連見出し
オープンソース

移植

別名:ポーティング
【英】porting

移植とは、特定の環境から、他の環境ソフトウェア修正しつつ移行することである。「ポーティング」とも呼ばれる

具体的には、特定のコンピュータシステム用として開発されたOSアプリケーションを、別のコンピュータシステム動作するように、ソースコードレベルで書き換えを行ったり、再コンパイルなどを行なったりすることによって、再構築を行うことを意味する。

例えば、あるCPU用に記述されたソフトウェアを、もともと互換性のない他のCPU上で作動するようにすることや、特定のOS上で動くアプリケーションを他のOS上で起動できるようにする場合のことを指す。なお、このときの移植のしやすさのことをポータビリティと呼ぶこともある。

一般にソフトウェアは、特定のハードウェアOS動作するよう設計されているため、別の環境動作させるためには、移植という作業が必要になる。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポーティング」の関連用語

ポーティングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ポーティングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2021
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ移植の記事を利用しております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS