ブレインストーミング法とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ブレインストーミング法の意味・解説 

ブレーンストーミング

別名:ブレインストーミング,ブレインストーミング法,ブレスト課題抽出BS法
【英】brainstorming

ブレーンストーミングとは、ある議題についてアイデア出したい場合や、問題点列挙したい場合などに、複数人が集まって自由に意見を述べる方法のことである。この方法により、新たな発想を生みだすことが期待できる。

ブレーンストーミングにはいくつかのルールがある。1つは、人の意見否定しないことである。意見否定されると、否定された本人も、その場にいる他者も、新たなアイデア言い出しにくくなってしまうためである。また、もう1つルールは、意見の質よりも量を重視することである。突飛な意見個人的に重要ではないと思われる意見も、すべて思いついたことは発言し、列挙することが大事だとされている。

ブレーンストーミング後には、列挙された情報整理することが必要である。この整理には、放射状アイデアを記していくマインドマップアイデアカードまとめて整理するKJ法などが用いられる。複数意見共通点や、意見結び付けることによる意外な発見から、新たなアイデア創出期待できる。

企業活動のほかの用語一覧
プロジェクトマネジメント:  バグ曲線  プロジェクトマネジメント  プロジェクトマネージャ  ブレーンストーミング  ファシリティマネジメント  KJ法  監査証跡

ブレインストーミング法

「ブレインストーミング法」とはグループで自由に意見出し合い、あるテーマに関する多様な意見抽出する発想支援法。質より量を重視し、お互い意見批判をせず、自由に意見出し合うことで、テーマに関する周辺知識列挙することができる。「ブレインストーミング法」はプロジェクトマネジメントにおいて、起こりうるリスク要因列挙する、などといった用途で用いられる。

ブレインストーミング

(ブレインストーミング法 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/28 16:09 UTC 版)

ブレインストーミング: brainstorming)あるいはブレインストーミング法(BS法)とは、アレックス・F・オズボーン英語版によって考案された会議方式のひとつ。集団思考集団発想法課題抽出ともいう。日本語では「ブレスト」と略されることがある。


  1. ^ 川喜田二郎『発想法 : 創造性開発のために』中央公論社中公新書〉、1967年、59頁。全国書誌番号:67002675ISBN 978-4-12-100136-8


「ブレインストーミング」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブレインストーミング法」の関連用語

ブレインストーミング法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブレインストーミング法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリブレーンストーミングの記事を利用しております。
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブレインストーミング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS