ニューポットとは?

Weblio 辞書 > 食品 > お酒・飲料事典 > ニューポットの意味・解説 

ニューポット

単式蒸溜器ポットスチル)から溜出たばかり未熟成なモルトウイスキーのこと。
ウイスキーの製造工程中、発酵を終えてできたもろみは、ポットスチルで初溜、再溜と2度蒸溜が行われます。
初溜では、もろみ中の全アルコール分をほとんど出しつくしてしまうま採取します。次の再溜では、この初溜に前回再溜時に搾取された前溜・後溜を加えて初溜よりやや長い時間をかけて蒸留され、前溜中溜・後溜の三段階に分けられます。この中溜分のみがニューポットとして取り出され、次の熟成という工程に送られます。
ニューポットは無色透明アルコール分6570%、若く荒々しい風味をもっていますが、ホワイトオーク詰められ熟成がすすみ、やがてウイスキー独特の深い琥珀色まろやかこくのある味と香りをもったウイスキーとなるのです。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニューポット」の関連用語

ニューポットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニューポットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2021 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典

©2021 GRAS Group, Inc.RSS