データベースの著作物とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 著作権関連用語 > データベースの著作物の意味・解説 

データベースの著作物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 06:19 UTC 版)

著作物」の記事における「データベースの著作物」の解説

データベースとは、論文数値図形その他の情報集合物であつて、それらの情報電子計算機用いて検索することができるように体系的に構成したものをいう2条1項10号の3)。データベースでその情報選択又は体系的な構成によつて創作性有するものは、著作物として保護する12条の2第1項)。しかし、このことは、当該データベース部分構成する著作物著作者の権利影響及ぼさない12条の2第2項)。

※この「データベースの著作物」の解説は、「著作物」の解説の一部です。
「データベースの著作物」を含む「著作物」の記事については、「著作物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「データベースの著作物」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

データベースの著作物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



データベースの著作物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright © 2022 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの著作物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS