テキストデータとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > テキストデータの意味・解説 

テキスト‐データ【text data】

読み方:てきすとでーた

テキスト3


テキスト

別名:テキストデータ
【英】text, text data

テキストとは、コンピュータ画面表示可能な文字情報のことである。単に文字の意味用いられることも多い。

テキストは、開始位置から終了位置まで、線形1次元流れていく形のデータを表すものである。特に、フォントとして表示可能な文字1次元的な集合のことを指す。

テキストのデータ構成されるファイルは、テキストファイル呼ばれるテキストファイルの中のデータは、改行、および、タブなどのいくつかの制御文字含まれそれ以外はほぼフォントとして表示可能な文字表示のみに用いられるテキストファイル編集するためのツールは、テキストエディタ呼ばれる

テキストのうち、表示可能な文字列と、改行などの一部制御情報のみを含むテキストデータは、特にプレーンテキスト呼ばれるプレーンテキストに対してフォントの色や下線強調文字といった装飾的表現可能にする属性含んだデータは、リッチテキスト呼ばれる

コンピュータ上では、テキストは文字コード手掛かりとしてバイト列から表現されている。英数字を扱う文字コードとしては、US-ASCII代表的である。日本語のテキストを扱うための文字コードとしては、JISコード(JIS-2022-JP)、Shift-JISEUCUTF-8、などがある。テキストエディタなどでテキストファイル読み出す際に異な文字コード読み出すと、文字化け起き場合がある

ちなみにテキストファイルにおける改行などの制御コードも、環境によって違なる。例えば、Unixでは「LF」(16進数0A)、Windowsでは「CR+LF」(16進数0D+0A)、Macintoshでは「CR」(16進数0Dとなっている。

テキスト以外の音声画像、映像といったデータ表現は、テキストに対してマルチメディアデータと総称される

テキストの任意の部分指定して他の文書ジャンプさせることができる仕組みは、ハイパーテキスト呼ばれるハイパーテキスト概念は、リンクで結ばれた現在のWeb根本的な考え方となっている。

なお、文字情報を主に扱うアプリケーションソフトとしては、テキストエディタ他にもワープロソフトがある。ワープロソフトでは、通常のテキストエディタでは表示できないバイナリデータを含む書式を持っているため、テキストエディタ再現できない

ファイルとフォルダのほかの用語一覧
ファイル形式:  TIFF  TSV  タブ区切り  テキスト  テキストファイル  vCard  win.ini

「テキストデータ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

テキストデータのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



テキストデータのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリテキストの記事を利用しております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS