サビマダラオオホソカタムシとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 森林生物図鑑 > サビマダラオオホソカタムシの意味・解説 

サビマダラオオホソカタムシ

和名:サビマダラオオホソカタムシ
学名Dastarcus helophoroides Fairmaire
    コウチュウ目ホソカタムシ
分布本州四国九州対馬台湾中国
 
写真(上):サビマダラオオホソカタムシ成虫
写真(下):サビマダラオオホソカタムシ幼虫
説明
成虫は5〜11mm,背面には黄褐色黒褐色鱗毛からなる斑紋がある。鞘翅目コウチュウ目)としては数少ない捕食寄生昆虫で,樹木寄生するカミキリムシ幼虫天敵樹皮樹皮下に生まれた卵から生まれ幼虫は,カミキリムシ幼虫坑道入り込んで,寄主毒液注入して麻酔後,体表から体内組織摂取する。成熟幼虫坑道内でマユ作り,そこから成虫羽化する。25の飼育下では幼虫孵化から老熟幼虫まで1015日羽化までにはさらに約5週間要する。飼育下では成虫は2〜3年生きて,生涯数千卵を産むマツノザイセンチュウを運ぶマツノマダラカミキリ天敵として有望視されている。南西諸島には近縁種クロサワホソカタムシ(D. kurosawai Sasaji)が産する
サビマダラオオホソカタムシ成虫

サビマダラオオホソカタムシ幼虫


錆斑大細固虫

読み方:サビマダラオオホソカタムシ(sabimadaraoohosokatamushi)

ホソカタムシ科の昆虫

学名 Dastarcus longulus



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サビマダラオオホソカタムシ」の関連用語

サビマダラオオホソカタムシのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サビマダラオオホソカタムシのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS