シャチホコガとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 森林生物図鑑 > シャチホコガの意味・解説 

シャチホコガ

和名:シャチホコガ
学名Stauropus fagi persimilis Butler
    チョウ目,シャチホコガ科
分布北海道本州四国九州対馬屋久島
 
写真(上):クヌギ上のチャチホコガ幼虫
説明
成虫開張50〜60mmの普通の形をしたガだが,幼虫特異な形をしているので有名。幼虫体長約45mmで黄褐色,中・後胸脚は顕著長い静止するときは,胸脚を折りたたみ頭胸部尾端背中側であわせるようにするため,このためシャチホコのように見える。幼虫触れると長い胸脚をふるわせるという。幼虫クリコナラクヌギハンノキクルミサクラミズキハギヤナギなど種々の広葉樹を食べる。年2回発生で,幼虫は5〜7月,および9月見られる
クヌギ上のチャチホコガ幼虫


天社蛾

読み方:シャチホコガ(shachihokoga)

シャチホコガ科の昆虫総称


鯱鉾蛾

読み方:シャチホコガ(shachihokoga)

シャチホコガ科の昆虫総称



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シャチホコガ」の関連用語

シャチホコガのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シャチホコガのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS