コア (ゲーム理論)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > コア (ゲーム理論)の意味・解説 

コア (ゲーム理論)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/21 05:58 UTC 版)

コア (: core) とは協力ゲーム理論における代表的な解の概念である[1]1953年にGilliesの学位論文の中で初めて定義された[2]アルバート・タッカーらによる編著書『ゲーム理論論文集第4巻』(1959年)の中でマーティン・シュービックが一般均衡理論における契約曲線をコアとして一般化できることを証明して以来、経済学におけるコアの重要性が広く知られるようになった[2]




補足

  1. ^ 集合はプレイヤーの集合を表している。また、特性関数において、各提携に対して実数値は提携のメンバーが協力することにより獲得できる便益の合計を表している[3]
  2. ^ すなわちのとき、提携全体の非空な部分集合はである。のときはプレイヤー1にとっての個人合理性を表しており、のときはパレート最適性を表している。
  3. ^ この節は、ウィキペディア英語版記事Core(game_theory). Wikipedia: Free Encyclopedia. [[:en:Core_%28game_theory%29]17 May 2011]からの抄訳に基づいて作成された。

脚注

  1. ^ a b 岡田 2008, p. 224.
  2. ^ a b 鈴木 1999, p. 191.
  3. ^ 岸本 2015.
  4. ^ 岡田 2008, pp. 222-224.
  5. ^ 奥野 2008, p. 166.
  6. ^ 奥野 2008, p. 167.


「コア (ゲーム理論)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コア (ゲーム理論)」の関連用語

コア (ゲーム理論)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コア (ゲーム理論)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコア (ゲーム理論) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS