ウスイロサルハムシとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 害虫 > ハムシ > ウスイロサルハムシの意味・解説 

ウスイロサルハムシ(スギハムシ)

和名:ウスイロサルハムシ(スギハムシ
学名Basilepta pallidula Baly
    コウチュウ目ハムシ科
分布本州伊豆八丈島四国九州中国南部
 
写真(上):クロマツ上のウスイロサルハムシ成虫
写真(下):ウスイロサルハムシ成虫による後食痕
説明
成虫体長3.3-3.9mm。全体光沢のある黄褐色。卵は落葉などに塊状卵塊あたり2〜40卵)に生まれ幼虫土中で暮らす。成虫アカマツクロマツスギヒノキマツなど針葉樹を後食する。後食による食害6月上旬から始まり6月中・下旬ピークとなる。過去にしばしば大発生し,スギ・ヒノキや,アカマツ・クロマツ大きな被害をもたらしたことがある2年1化。
クロマツ上のウスイロサルハムシ成虫

ウスイロサルハムシ成虫による後食痕




ウスイロサルハムシと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ウスイロサルハムシのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ウスイロサルハムシのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved

©2019 Weblio RSS