ウバタマコメツキとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 森林生物図鑑 > ウバタマコメツキの意味・解説 

ウバタマコメツキ

和名:ウバタマコメツキ
学名Paracalais berus Candeze
    コウチュウ目コメツキムシ科
分布本州四国九州対馬種子島屋久島奄美大島沖縄本島朝鮮半島朝鮮半島中国ベトナム
 
写真(上):カミキリ坑道内のウバタマコメツキ幼虫
説明
成虫体長は22-30mm。背面には様々な色の鱗毛状の毛が混じった不規則斑紋がある。マツ損木等に集まり幼虫は材内のカミキリ等を捕食する。
カミキリ坑道内のウバタマコメツキ幼虫


姥吉丁叩頭虫

読み方:ウバタマコメツキ(ubatamakometsuki)

コメツキムシ科昆虫

学名 Alaus berus



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウバタマコメツキ」の関連用語

ウバタマコメツキのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ウバタマコメツキのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS