イブキチビキバガとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 森林生物図鑑 > イブキチビキバガの意味・解説 

イブキチビキバガ

和名:イブキチビキバガ
学名Stenolechia bathrodyas Meyrick
    チョウ目キバガ
分布本州四国九州
 
写真(上):イブキチビキバガの幼虫による食害
説明
成虫開張6〜7mm。灰白色植栽されたカイズカイブキビャクシンイトスギ等の鱗片葉穿孔して食害する。ひどくなると樹冠全体が黄褐変し,枯死することもある。年に3回発生し,幼虫越冬成虫は5〜7月出現し,分岐部等に産卵する。幼虫葉肉内にもぐる潜葉性のため,黄化して枯れる。成虫発生期にDEF,MEP乳剤等を散布する。
イブキチビキバガの幼虫による食害



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

イブキチビキバガのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イブキチビキバガのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved

©2019 Weblio RSS