アイヌのまるきぶねとは?

Weblio 辞書 > 文化 > 文化財選集 > アイヌのまるきぶねの意味・解説 

アイヌのまるきぶね(河沼用) (北海道)


アイヌのまるきぶね(河沼用)

名称: アイヌのまるきぶね(河沼用
ふりがな あいぬのまるきぶね(かしょうよう)
種別 交通運輸通信に用いられるもの
員数 1隻
指定年月日 1957.06.03(昭和32.06.03)
所有者 北海道大学北海道大学農学部附属博物館保管
所有者住所 北海道札幌市
管理団体名:
備考
解説文: 北海道大学農学部附属博物館保管されているアイヌ河沼用まるきぶねチップ)は、ヤチダモ一木をくりぬいたもの河沼用の漁及び交通運搬使用され、その製作技法極めて典型的で、アイヌの生活習俗を知る上に重要である。
重要有形民俗文化財のほかの用語一覧
交易に用いられるもの:  富山の売薬用具
交通・運輸・通信に用いられるもの:  そりこ  どぶね  アイヌのまるきぶね  トモド  越後姫川谷のボッカ運搬用具コレクション  江崎のまるきぶね


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アイヌのまるきぶねのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アイヌのまるきぶねのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright © 2019 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS