ひがんばなとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ひがんばなの意味・解説 

ひがん‐ばな【彼岸花】

読み方:ひがんばな

ヒガンバナ科多年草土手や田の畦に生える。秋の彼岸のころ、高さ約30センチ花茎伸ばし長い雄しべ雌しべをもつ赤い6弁花を数個輪状につける。花の後、線形出て越冬する有毒植物だが、鱗茎(りんけい)を外用薬とする。曼珠沙華(まんじゅしゃげ)。死人花(しびとばな)。捨て子花石蒜(せきさん)。天蓋花(てんがいばな)。天涯花幽霊花かみそりばな。《 秋》

[補説] ヒガンバナ科単子葉植物は約1100種が主に熱帯・亜熱帯分布する多年草で、鱗茎をもち、根生線形花被は6あり、子房下位。ヒガンバナ・スイセン・アマリリスなどが含まれる

彼岸花の画像
彼岸花の画像

彼岸花

読み方:ひがんばな

  1. 私は田舎娘ですとの意を含ませる。〔花言葉

分類 花言葉

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ひがんばなのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ひがんばなのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2022 shu(^^). All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS