つる切りとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 林業用語 > つる切りの意味・解説 

つる切り


つる切り

 育成ようとする樹木巻き付くつる類を取り除くこと。通常下刈終了してから、育成ようとする樹木枝葉互いに接する状態になるまでの間に行う。

つる切り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/29 02:46 UTC 版)

つる切りとは、林業で行われる保育作業の一つ。ナタで植栽した木などにからみつく、つる性植物を切断、物理的に枯殺、除去する作業。


  1. ^ 佐藤大七郎「つるきり 蔓切り」『新版 林業百科事典』第2版第5刷 p614 日本林業技術協会 1984年(昭和59年)発行
  2. ^ つり切り、除伐、雪起こし”. 太田市森林組合. 2020年10月28日閲覧。


「つる切り」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「つる切り」の関連用語

つる切りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



つる切りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright:2021 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
農林水産省農林水産省
Copyright:2021 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのつる切り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS