たいばんとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 女性のからだ用語 > たいばんの意味・解説 

たい‐ばん【胎盤】

子宮内にあって、胎児臍帯(さいたい)によってつながり母体との物質交換仲介する海綿状・盤状の器官胎児娩出(べんしゅつ)のあと脱落する。


だい‐ばん【大盤】

《「たいばん」とも》食物などを入れるための大きな器。


胎盤(たいばん)

母体臍帯中継点。分娩とともに排出されるため、妊娠中だけはたらく臓器といえるものです。
毛細血管じゅうたんのような組織で、母体胎児直接血液交えることなく酸素栄養分老廃物交換できるしくみになっています。
胎児にとって有害な物質などは、ここでシャットアウトされますが、通り抜けてしまうものもあります


胎盤 (たいばん)

子宮内壁にできる円板状の器官で、臍(へそ)の緒で母体赤ちゃんをつなぎます。妊娠5週ごろから作られ始め13週ごろ完成します。へその緒通じ母体から赤ちゃん酸素栄養渡し老廃物二酸化炭素母体送り返すなど、大切な役目担います。通常子宮の上のほうにあります。この働き落ちてしまうことを、胎盤機能不全呼びます。

胎盤

【仮名】たいばん
原文placenta

子宮内で発育している胎児栄養分与え器官

胎盤

【英】Placenta
読み方:たいばん

脊椎動物において胚由来組織母体組織とが接合して形成する複合構造栄養素および老廃物などの物質交換を行う器官


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「たいばん」の関連用語

たいばんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



たいばんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2021 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
赤ちゃん&子育てインフォ赤ちゃん&子育てインフォ
Copyright©2021 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2021 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.

©2021 Weblio RSS