きしゅうみかんとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 蜜柑 > きしゅうみかんの意味・解説 

き しゅうみかん -しう- [4] 【紀州蜜

ミカン一品種。温州蜜柑(うんしゆうみかん)普及以前代表的品種小形種子が多い。酸味少なく香気が高い。小蜜柑

きしゅうみかん (紀州蜜柑)

Citrus kinokuni

Citrus kinokuni

明治時代に「温州みかん」が導入されるまでは、わが国代表的柑橘類でした。果実小さく「小みかん」とも呼ばれ、種があるのが特徴です。江戸時代紀伊國屋文左衛門が嵐をついて江戸まで送ったみかんとしても有名です。和歌山県での栽培は、安土桃山時代遡るといいます。「温州みかん」におされて生産減少していますが、現在でも主産地和歌山県で、鹿児島県でも栽培されています。
ミカン科ミカン属常緑低木で、学名Citrus kinokuni。英名はありません。
ミカンのほかの用語一覧
ミカン:  清見タンゴール  獅子柚  甘夏蜜柑  紀州蜜柑  菊地檸檬  酸橘
ミヤマシキミ:  深山樒



きしゅうみかんと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

きしゅうみかんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



きしゅうみかんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.

©2020 Weblio RSS