あんどんとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 行灯 > あんどんの意味・解説 

あん‐どん【行灯】

《「あん(行)」は唐音小型照明具。木などでを作って紙を張り中に油皿を置いて点灯するもの。あんどう


あん‐どん【暗鈍】

〔名〕 (形動道理に暗く、物事わきまえないこと。きわめて愚かなこと。

霊異記810‐824)下「此の経を受持する者を謗らば、諸根闇鈍に、矬(ひきびと)陋(かたなし)攣(てなへ)躄(あしなへ)となり」〔魏武帝文‐陳損益表〕


あん‐どん【行灯】

〔名〕 (「あん」「どん」はそれぞれ「行」「灯」の唐宋音

① 昔の照明用具。木、竹、金属製の角形または円形のわくに紙を張り、なかに油皿をおいて火をともす。もと、さげて歩いたが、のちにはもっぱら室内に置いた。「ありあけ行灯」「かけ行灯」「じぐち行灯」「ろじ行灯」などの種類がある。あんど。あんどう

行灯&wc1;〈吉原美人合わせ〉の画像

*壒嚢鈔(1445‐46)三「灯呂を、あんとんちゃうちんなんと云文字如何挑灯と書て、ちゃうちんとよみ、行灯(アントン)をあんとんとよむ、皆唐音歟」〔韓維‐和景仁元夕詩〕

② 四、四〇、四〇〇などをいう雲助などの語。

滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)二「あび手があんどん(四十)に、五十(げんこ)はふんだくるべい」

四方から枘差(ほぞざし)にすること。〔日本建築辞彙(1906)〕

④ (表装した形が①に似ているところから) 普通の寸法比べて丈がつまってい軸物など。〔通人辞典(1922)〕

[語誌](1)持ち運び出来灯火という意味の「行灯」の名で、中国から伝わったが、その後持ち歩くものは「提灯(ちょうちん)」となり、固定して使うものが「行灯」の名で呼ばれた。
(2)語形は、当初唐宋音由来するアンドンであったが、トン(灯)がアン(行)ほど使われない音だったためか、近世期、アンドウ・アンドの形が優勢になった。明治以降は、再びアンドン一般的となる。


行灯

あんどん - タクシー部品

タクシールーフに付いているタクシーサイン
天井灯ともいう。 タクシーは必ずこれを装着なければならないことになっている

昔、中に蝋燭ロウソク)を立てて使用した室内照明由来する。忠臣蔵大石之助は昼行灯あだ名されていた。
自動車強盗に襲われた時は、これを点滅させてSOSとするので防犯灯ともいう。見かけたら110番しよう。
お客乗ると消す決まりのところが多い。遠くからでも空車かどうか判るので便利だ。エントツ行為防止の意味もある。
日本のタクシーのあんどんは、ほとんどが武内工業所で作られたものです。


行灯

読み方:あんど,あんどん

  1. 土蔵破窃盗犯。〔第三類 犯罪行為
  2. 〔犯〕忍込盗の一種土蔵の壁を破つて忍び込むものを云ふ。「娘師」「長六」「オソメシ」等と同じ。
  3. 土蔵破りを云ふ。
  4. 土蔵破り。〔一般犯罪
  5. 土蔵破り周囲白壁で、形も四角なところが行灯に似ているところより。〔盗〕
  6. 土蔵破りのこと。

分類 犯、犯罪、盗/犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

あんどん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/19 02:20 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

あんどん



あんどん

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 14:11 UTC 版)

同音異義語

あんどん




あんどんと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あんどん」の関連用語

あんどんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



あんどんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
タクシーサイトタクシーサイト
Copyright(c) 2000-2021 taxisite Inc. All Rights Reserved.
タクシー業界用語辞典
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのあんどん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのあんどん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS