全日空商事 全日空商事の概要

全日空商事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/11 15:10 UTC 版)

全日空商事株式会社
ALL NIPPON AIRWAYS TRADING CO., LTD.
All Nippon Airways Logo.svg
Shiodome City Center 2012.JPG
全日空商事本社が入居する汐留シティセンタービル
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
105-7140
東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
設立 1970年10月15日
事業内容 航空機運航業務に必要な物品調達
空港店舗業務 ほか
代表者 代表取締役社長 西村 健
資本金 10億円
売上高 連結:1,013億円 単体:706億円
(2012年度)
従業員数 連結:1,258名 単体:366名
(2013年3月31日現在)
主要株主 ANAホールディングス株式会社(100%)
外部リンク http://www.anatc.com
テンプレートを表示

概要

ANAグループの多角化事業の中核企業であり、事業内容は航空機部品の輸入取り扱い等の航空関連事業を中心に、広告代理業、空港店舗や通信販売の運営、紙製品の取り扱い、食品の輸入、半導体の取り扱いなど多岐にわたる。 また「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」の運営、「スターバックスコーヒージャパン」初のライセンス店舗の運営、国内初のパイロット訓練会社「panda・Flight・Academy 株式会社」をANAとの共同出資で設立するなど、様々な投資的事業を展開している。本社所在地は東京都港区東新橋 汐留シティセンター

沿革

  • 1970年
    10月 資本金3,000万円にて設立
  • 1971年
    5月 航空機部品調達事業を開始
    9月 ALL NIPPON AIRWAYS INC., AMERICASを米国ロスアンゼルスに設立(現・米国全日空商事)
    10月 資本金6,000万円に増資
  • 1973年
    2月 国内旅行業登録認可を取得
    4月 スカイホリデー東京センターを開設
  • 1974年
    4月 資本金1億2,000万円に増資
  • 1977年
    9月 柴田産業の全株式を取得(現・ANAフーズ)
  • 1979年
    3月 本社事務所を虎ノ門三井ビルより霞が関ビルに移転
    6月 東京フレッシュサービスを設立(後の航空食品)
  • 1980年
    7月 ホクシーの株式を取得
  • 1986年
    1月 資本金3億6,000万円に増資
    6月 一般旅行業登録認可を取得
  • 1987年
    10月 インターナショナル・カーゴ・サービスを設立
    11月 航空機部品部パリ支店を開設
  • 1988年
    5月 ANA機内誌「ANA SKY SHOP」による通信販売を開始
  • 1989年
    6月 ホリデーインターナショナルトラベルを設立
    7月 米国MARIANI社と輸入総代理店契約を締結し、プルーンの販売を開始
  • 1992年
    6月 全日空商事デューティーフリーを設立
  • 1993年
    4月 全日空商事エアクラフトを設立
  • 1995年
    10月 プラットアンドホイットニー社アジアンディストリビューションセンターの開設に伴い、運営業務を受託
  • 1997年
    1月 国内・海外の免税店舗の屋号を「ANA HOUSE」に統一
  • 1998年
    12月 本社ならびに旅行営業部東京旅行支店を港区港南へ移転
  • 1999年
    7月 全日空スカイホリデーを設立
  • 2000年
    4月 旅行営業事業を全日空スカイホリデーに営業譲渡
    6月 ゼネラルエレクトリック社ロジスティックセンター(成田)の運営管理を受託
    10月 インターネットショッピングモール(astyle)を開設
  • 2002年
    8月 GEM ELECTRONICS社(上海)との提携により半導体受託生産を開始
  • 2003年
    3月 本社を港区東新橋へ移転
    3月 空港店舗名称を「ANA FESTA」に統一
  • 2004年
    11月 エー・スイーツ・ハウスを設立
    12月 上海駐在事務所を開設
  • 2006年
    4月 エーエヌケー商事を吸収合併
  • 2008年
    4月 店舗運営会社4社を合併し、ANA FESTAに商号変更
    8月 資本金10億円に増資
  • 2009年
    7月 全日空商事エアクラフトを吸収合併
  • 2014年
    3月 藤二誠の株式を取得
    8月 食品事業を吸収分割し、日本フレッシュフーズに承継。同社はANAフーズに商号変更
  • 2015年
    4月 ANAフーズが航空食品を吸収合併。

主な事業

2014年現在4つのカンパニーの下、9の事業部を擁し、下記の事業を行っている。

  • 航空・電子カンパニー
    • 航空機事業部
      航空機の輸出入・販売・リース
    • 航空機部品事業部
      航空機部品および航空機用エンジン部品の調達・海外修理取り扱い
    • 電子事業部
      半導体材料・半導体製品・半導体製造機器の販売、セキュリティ機器の製造販売
  • 生活産業・メディアカンパニー
    • 生活製品資材事業部
      原料パルプ輸入、紙製品販売
    • 広告メディア事業部
      ANAグループの広報誌やウェブサイトなどにおける広告代理店業務、機内ビデオ・音楽プログラムの調達
    • 客室用品事業部
      機内用品の調達、宿泊施設への消耗品販売・供給
    • ロイヤリティー・イノベーション事業部
      マイレージサービス、それと連携したマーケティング
  • リテールカンパニー
    • 機内販売事業部
      機内販売用商品の選定・買い付け、ANAグループオリジナルグッズの企画・販売
    • WEBセールス事業部
      通信販売サイト"astyle"、"ANA SKY SHOP"などの運営
  • 食品カンパニー

2000年までは旅行営業部もあり旅行業も運営していたが、1999年に設立された全日空スカイホリデー(現ANAセールス)に事業譲渡。




「全日空商事」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

全日空商事に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「全日空商事」の関連用語

全日空商事のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

洞川湧水群

ホッキョクグマ

大雪山旭岳の山の生き物

トラフズク

ソメンヤドカリ

ボディスーツ2

New Beetle

骨密度





全日空商事のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの全日空商事 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS