POSとは?

ピー オー エス [5] 【 POS 】 〔point-of-sale〕

ポス

ポス [1] 【POS】 〔point-of-sale〕


POS

point-of-sale
ポス

POS(ぽす)

コンビニエンス・ストアスーパーマーケットなど、多く小売業採用されている商品管理システムだ。

たとえば、コンビニアイスクリームを買うとき、レジの人は、そのアイスバーコードスキャン読み取る。すると、そのアイスデータコンピュータファイル入力される。10月23日1643、ソーダアイス1個という具合だ。

このデータ利用して商品仕入れなどに役立てる売れ個数がすぐ分かるので、売れた分だけを発注することができる。そうすると商品品切れ在庫過剰を防ぐことができる。

長期的には、経営戦略にも役立てられる。コンビニ本部では、全国加盟店の販売データが集まっている。これを分析して店舗経営商品開発などに生かする。たとえば、あまり売れない商品は店からはずして、売れ筋商品だけを店に並べるようにする。その他、前年度データ分析して、その年売れ具合見通し立てることができる。さらに、「売れそうな商品」を予測して、商品開発することもできるわけだ。

(2000.10.24更新


POS

【英】point of sales

販売時点という意味で、販売情報即時管理するシステムのこと。POS導入によるメリットは、大きくハードメリットとソフトメリットに分かれる。ハードメリットはチェックアウト生産性の向上、価格登録ミス防止商品名入りレシート発行による顧客サービス、店事務作業簡素化レジ教育訓練費用削減単品値付け作業費用削減仲間同士不正アンダーリングの防止上げられる。ソフトメリットは、死に筋商品把握による在庫削減効果売れ筋商品把握揺る欠品防止効果利益ミックス揺る粗利益効果新商品効果販促効果測定スペース生産性向上効果、などが上げられる。

pos

(No version information available, might be only in CVS)
pos — current() のエイリアス

説明

この関数は次の関数のエイリアスです。 current()

販売時点情報管理

読み方はんばいじてんじょうほうかんり
【英】: point of sale
略語: POS

一般には、販売時点情報管理と呼ばれるが、具体的には、店頭端末機(POS ターミナル)を設置後方コンピューター接続することにより、(1) 事務省力化を図り、(2) 売掛債権管理、(3) 顧客管理など、経営効率化を図ろうとするものである給油所における POS システムは、石油流通業の近代化合理化促進経営体質強化を図るために導入されてきたが、同システム定着しつつある石油元売会社のクレジット・カード・システムと相まって急速に普及した。今後顧客決済手段多様化していくなかで、決済システムネットワーク化、高度化に対応でき、かつ販売促進機能充実させたオン・ライン形式POS システム普及考えられる

POS

読み方:ぽす

Position and Orientation Systemの略で、カナダのAPPLANIX社のIMU製品名である。これは航空機GPS慣性計測装置搭載して、航空機姿勢位置常時観測し、地上との位置関係自動的把握するものである航空写真撮影航空レーザー観測時など場合使用し、計測効率化を図ることができる。

POS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/18 14:41 UTC 版)

POS







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

POSに関係した商品

「POS」に関係したコラム

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「POS」の関連用語

POSのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




POSのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2014 時事用語のABC All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2014by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日本バーコード日本バーコード
Copyright 1997-2014 (c) Nippon Barcode Co.,Ltd.. All rights are reserved.
PHP Documentation GroupPHP Documentation Group
Copyright © 1997 - 2014 by the PHP Documentation Group.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2014 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
かんこうかんこう
2014 (C) KANKO All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPOS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS