NECとは?

NEC

読み方エヌ・イー・シー
英文正式名National Economic Council
日本名(略称):国家経済評議会

米国大統領府内内外経済政策に関する助言機関クリントン政府初め設立し、ブッシュ政府もこれを存続

※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

ハイコントラストスクリーン(NEC)

正面から入ってくるプロジェクターからの光だけを受け止めるというハイテクスクリーン。アルミの反射面に横ストライプの凹凸をつけて、スクリーン面に対して斜め方向から入ってくる光を分散させるという仕組みだ。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 藤原陽祐)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


日本電気

読み方にっぽんでんき
別名:日本電気株式会社,NEC,エヌイーシー
【英】NEC CORPORATION

日本電気とは、東京都港区五丁目本社を置く日本を代表する総合電機メーカーである。岩垂邦彦創業者初代社長とする。正式な社名は、日本電気株式会社である。東京証券取引所第一部上場証券コードは6701。

1899年7月17日に、創業者岩垂邦彦らによって、米国ウェスタン・エレクトリック社(WE社、現ルーセント・テクノロジーズ社)との合弁会社として設立された。外国資本合弁設立したのは同社が初である。第2次世界大戦後に住友グループ傘下となった。

NECの中核事業としては、NEC本体中心となって手掛けている「IT・ネットワークソリューション事業」「モバイル・パーソナルソリューション事業」と、半導体関連事業を行っているNECエレクトロニクス中心となって手がけている「半導体ソリューション事業」がある。国内100超える関連企業を有し、世界展開も積極的に行っている。


参照リンク
NEC(Japan)

日本電気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/16 13:17 UTC 版)

(NEC から転送)

日本電気株式会社(にっぽんでんき、:NEC Corporation、略称:NEC(エヌ・イー・シー)、旧英社名 Nippon Electric Company, Limitedの略)は、東京都港区五丁目(元・東京都港区芝三田四国町)に本社を置く住友グループ電機メーカー




[ヘルプ]
  1. ^ NEC>企業情報>株主投資家情報>IR資料>有価証券報告書・四半期報告書 2013年度有価証券報告書>7Page>提出会社の経営指標等>資本金
  2. ^ a b 株式・株主の状況”. 日本電気株式会社 (2016年3月31日). 2016年7月31日閲覧。
  3. ^ NEC>企業情報>株主投資家情報>IR資料>有価証券報告書・四半期報告書 2013年度有価証券報告書>6Page>連結経営指標等>売上高
  4. ^ NEC>企業情報>株主投資家情報>IR資料>有価証券報告書・四半期報告書 2013年度有価証券報告書>89Page>連結損益計算書>営業利益
  5. ^ NEC>企業情報>株主投資家情報>IR資料>有価証券報告書・四半期報告書 2013年度有価証券報告書>6Page>連結経営指標等>当期純損益
  6. ^ NEC>企業情報>株主投資家情報>IR資料>有価証券報告書・四半期報告書 2013年度有価証券報告書>6Page>連結経営指標等>純資産額
  7. ^ NEC>企業情報>株主投資家情報>IR資料>有価証券報告書・四半期報告書 2013年度有価証券報告書>6Page>連結経営指標等>総資産額
  8. ^ NEC>企業情報>株主投資家情報>IR資料>有価証券報告書・四半期報告書 2013年度有価証券報告書>6Page>連結経営指標等>従業員数
  9. ^ NECのアフリカ事業
  10. ^ シンガポールの出入国管理を担う、電子パスポート「バイオパス」の指紋認証システム
  11. ^ NEC、企業ブランドメッセージを「Orchestrating a brighter world」に変更 - NECプレスリリース(2015年7月1日)
  12. ^ 沖電気工業『進取の精神 沖電気120年のあゆみ』 (PDF) 2001年、P23 - 26。
  13. ^ 国策半導体の失敗、負け続けた20年の歴史、親会社・国依存から脱却を
  14. ^ 日米半導体貿易摩擦とは一体何だったのか
  15. ^ 1990年代の半導体産業
  16. ^ 木村の眼、“NECの失われた21世紀”を終わらせるカギは何か
  17. ^ NGNにかけるNEC不退転の決意
  18. ^ Technical Analysis of NIPNY (NEC CP ADR)
  19. ^ NECのプレスリリース
  20. ^ NECのプレスリリース
  21. ^ 2011年1月27日付NECプレスリリース
  22. ^ NEC、組織再編を発表--クラウドとスマートグリッドで事業創出を目指す
  23. ^ 世界初、新ネットワーク制御技術「OpenFlow」に対応したネットワーク製品を販売開始
  24. ^ NEC:100億円所得隠し…補償金は「交際費」国税判断 毎日新聞 2012年6月25日(2012年6月24日時点のアーカイブ
  25. ^ NEC、SDN ソリューションを体系化
  26. ^ NEC、世界初、通信事業者向け SDN 仮想化モバイルコアネットワークソリューションを販売
  27. ^ NECら5社、世界初の広域SDN実現を目指す「O3プロジェクト」を立ち上げ
  28. ^ http://www.icr.co.jp/newsletter/report_tands/2013/s2013TS293_3.html
  29. ^ IoTを活用した次世代“ものづくり”ソリューション「NEC Industrial IoT」
  30. ^ オフコンの憂鬱
  31. ^ “NECモバイル解散、携帯事業はNECが引き継ぐ形に”. ITメディア. (2016年2月29日). http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1602/29/news134.html 2016年7月6日閲覧。 
  32. ^ NECがFinTech専門組織、海外拠点との連携で新サービス創出狙う
  33. ^ NEC、阪大に次世代コンピューターの研究所
  34. ^ 「産総研-NEC 人工知能連携研究室」を設立
  35. ^ NEC、AI(人工知能)技術ブランド「NEC the WISE」を策定
  36. ^ “AIで「がん治療用ワクチン」を開発—NECが創薬の新会社”. (2016年12月19日). http://japan.zdnet.com/article/35093979/ 2016年12月23日閲覧。 
  37. ^ 2015年 国内サーバー市場動向
  38. ^ [2007-2009年は三年連続首位、2010-2011年は二位、2012年は再び首位。]
  39. ^ [http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1702/08/news003.html 「見つけた」で見守りやおもてなし 映像活用が生み出す新たな価値とは? ]
  40. ^ 判定精度世界一を獲得したテキスト含意認識技術の開発者
  41. ^ 世界が認めるNECの顔認証技術 米国ベンダ評価プロジェクト連続1位獲得
  42. ^ 2009年11月28日付日本経済新聞[リンク切れ]
  43. ^ オフィスコンピュータの歴史
  44. ^ NECオフコンの歴史
  45. ^ オフィスコンピュータの歴史
  46. ^ NECパソコンの歴史
  47. ^ a b c d 今こそ選択と集中が求められるNEC 『日本経済新聞』 2011年1月28日 社説
  48. ^ 世界のPC市場シェアの歴史的推移
  49. ^ NECが語る「HP-UXによる高可用システム構築
  50. ^ NEC「PC-9800シリーズ」ついに受注打ち切り
  51. ^ レノボNEC始動、「圧倒的シェア」実現へのシナリオ 日本経済新聞 2011年7月5日
  52. ^ レノボNECホールディングスはNECの持分法適用会社であるが、その子会社であるNECパーソナルコンピュータは関連企業の範囲外となる。
  53. ^ レノボに合弁会社の全株取得権 NECの同意が前提 asahi.com 2011年1月29日(2011年1月31日時点のアーカイブ
  54. ^ レノボ・ジャパンを取り巻く3つの変化の狙いとは? - 大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」PC Watch、2014年10月27日
  55. ^ a b 持分法適用関連会社株式の一部譲渡に伴う譲渡益の計上に関するお知らせ - NECプレスリリース(2016年7月1日)
  56. ^ a b “NEC、レノボにパソコン合弁株を一部売却 インフラ事業強化”. 日本経済新聞. (2016年7月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ01HXZ_R00C16A7TJC000/ 2016年7月5日閲覧。 
  57. ^ NECとEMC、SAP HANA環境の運用を支援
  58. ^ SAP HANA向けアプライアンスサーバ「NEC High-Performance Appliance for SAP HANA™」
  59. ^ NHKオンライン「NHKデジタル」のNHKの放送技術2012「世界に向けて発信」より
  60. ^ 携帯電話端末事業の見直しについて”. NECプレスリリース (2013年7月31日). 2013年7月31日閲覧。
  61. ^ NECカシオモバイルコミュニケーションズ社の 経営体制変更について
  62. ^ “携帯電話端末事業の体制見直しについて” (プレスリリース), 日本電気株式会社, (2015年12月25日), http://jpn.nec.com/press/201512/20151225_02.html 2015年12月26日閲覧。 
  63. ^ “NECモバイルのケータイ事業、NEC本体に譲渡”. ケータイWatch. インプレス. (2015年12月25日). http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20151225_737091.html 2015年12月26日閲覧。 
  64. ^ “NECモバイル解散、携帯事業はNECが引き継ぐ形に”. ITmedia. (2016年2月29日). http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1602/29/news134.html 2016年4月13日閲覧。 
  65. ^ 「選択と集中」が分けた半導体産業の明暗
  66. ^ 2011年2月25日付NECプレスリリース
  67. ^ 知財ワールドへのいざない







NECと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「NEC」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされる売上債権回収率とは

    株式の投資判断とされる売上債権回収率とは、売上債権の売上高の割合をパーセンテージで表したものです。売上債権とは、売掛金や受取手形のことで、貸借対照表では現金や商品、有価証券などと同じく流動資産として計...

  • 株式市場の01銘柄とは

    株式市場の01銘柄とは、4桁の証券コードのうち下2桁が01で終わる証券コードの銘柄のことです。01銘柄は、その業種の代表的な銘柄であることが多く、株価の値動きは市場関係者から注目されています。次の表は...

  • 株式の投資基準とされるPBRとは

    株式の投資基準とされるPBR(Price Book-value Ratio)とは、時価総額が株主資本の何倍かを示す指標のことで、株価純資産倍率とも呼ばれています。PBRは、次の計算式で求めることができ...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「NEC」の関連用語

NECのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Xserve

レーザーマウス

T6 NEON

地球シミュレータ

Windows Media Player 11

NetWalker

iOS 9

Kindle Fire HDX





NECのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2017 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ日本電気の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本電気 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS