LANとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > DBM用語 > LANの意味・解説 

LAN


ラン

【英】LAN

LAN参照

LAN 【Local Area Network】


LAN [Local Aria Network]

同じ建物名、組織内地域内で複数コンピューターシステムを結びつけ、高速データやりとりを行うシステム。LANで使用される通信方式にはEthernetトークンリングTCP/IPなどがある。

LAN

フルスペル:Local Area Network
読み方ラン
別名:構内通信網ローカルエリアネットワーク

LANとは、ある同じ建物フロアなど、比較的狭い、限定された領域内において、特定のユーザのために、その領域管理者責任設置された通信ネットワーク設備のことである。

LANの構築方法には有線を用いる方式無線を用いる方式がある。通信ケーブルを用いず、無線通信によってLANを構築する方式は、特に無線LAN呼ばれている。

銅線ツイストペアケーブルを用いるイーサネットでは、速度別の規格として、10Mbpsの10Base-T、100Mbpsの100Base-T、1GBpsの1000Base-Tなどが使われている。ツイストペアケーブルの他に、同軸ケーブル光ファイバなども一般的に用いられる。

LANの国際的規格IEEE 802委員会において決められている。例としてはIEEE 802.3CSMA/CD方式が、IEEE 802.4ではトークン・バス方式が、IEER 802.5ではトークン・リング方式が、IEEE 802.9では100VG-AnyLANが、IEEE 802.11では無線LAN規格が定義さている。また、イーサネットで用いられるケーブル対す規格としては、データ転送時の周波数に基づく「カテゴリ」と呼ばれる分類が用いられている。カテゴリは「1」から「6」まで決められており、カテゴリ5ケーブルでは100Mbpsまで、カテゴリ6ケーブルでは1.2Gbpsまでの速度通信を行うことが可能である。

LANのネットワーク接続形態ネットワークトポロジー)は、おおむねスター型バス型リング型大別される。通常用いられるイーサネット無線LANは、物理的にはスター型のように見えるが、論理的にはバス型接続されている。バス型トポロジー場合接続されるマシン多くなると、データ衝突コリジョン)が発生し、スループット低下する。

LAN用の通信プロトコルとして最も用いられているのはTCP/IPであり、広域ネットワークであるインターネットと同じである。Windows主体となっている環境では、NetBEUINetBIOS Extended User Interface)あるいはNBTNetBIOS over TCP/IP)が用いられる。

なお、LANに対して電話回線インターネットを使ってLAN同士接続するネットワーク構築形態が、WANWide Area Network)と呼ばれている。


窒化ランタン

分子式LaN
慣用名窒化ランタン、Lanthanum nitride、Nitrilolanthanum
体系名:ニトリロランタン


Lan

名前 ランラヌ

Local Area Network

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/29 13:32 UTC 版)

(LAN から転送)

Local Area Network(ローカル・エリア・ネットワーク)とは、広くても一施設内程度の規模で用いられるコンピュータネットワークのこと。その頭文字をつづったLAN(ラン)と書かれる場合も多い。一般家庭、企業のオフィスや研究所、工場等で広く使用されている。




「Local Area Network」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

LANに関連した本

LANに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「LAN」の関連用語

LANのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




LANのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2014by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2014 Japan Video Software Association
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2014 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2014 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリLANの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのLocal Area Network (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS