岩垂邦彦とは?

岩垂邦彦

読み方いわだれくにひこ

岩垂邦彦とは、半導体通信機メーカーある日電気株会社NEC)の創設者として有名な企業経営者である。1857年安政4年8月15日福岡県生まれ

工部大学校電信科(現・東大工学部)を卒業した岩垂邦彦は、政府工部省電気技師仕事をしていた、やがて知人紹介得て渡米した。(入社したのはエジソン・マシンワークス社で、現在のゼネラル・エレクトリックGE)社の前身のひとつとなっている。岩垂邦彦は、エジソン直接に接した日本人一人としても有名である)。

岩垂邦彦は、アメリカでの勤務経験経て、「日本において電灯会社設立する」ことを志して帰国する。1888年現在の関西電力前身である大阪電灯入社し、初代技師長に就任日本発の交流発電機導入するなどの功績をあげた。1894年には岩垂電気商店設立し、1895年アメリカウェスタン・エレクトリック(現ルーセント・テクノロジーズ社)とのパートナーシップを結び、ウェスタン・エレクトリック社の日本における営業代理店となった。その翌年日本欧米諸国の間の条約改正されたことに伴って7月アメリカウェスタン・エレクトリック社と岩垂邦彦らの出資により日本電気株式会社として設立ウェスタン・エレクトリック社が54%保有し、NEC日本で初となる外国資本との合弁会社となった。岩垂は社長就任NEC牽引ていった

岩垂邦彦
※画像提供 / 日本電気株式会社(NEC)

岩垂邦彦は、1926年取締役社長から取締役会長就任1929年退任した。1934年には、その功績称えられて勲五等瑞宝章受賞している。そして1941年逝去した。

その後日本電気は、電灯電線事業から、通信エレクトロニクス事業へと展開していった短波放送機やトランジスタ計算機はじまり、日本発の人工衛星おおすみ」、国内パソコンデファクト・スタンダードとして80年代市場圧倒した「PC-9800シリーズ」、稼動開始から5年わたって世界高性能の座を保持続けスーパーコンピュータ地球シミュレータ」など、多く革新的製品世に生み出していった。現在NEC日本最大電気メーカーひとつとして世界的事業を展開している。


更新2006年1月
参照リンク
NEC Japan
NEC会社沿革

岩垂邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/03 00:47 UTC 版)

岩垂 邦彦(いわだれ くにひこ、安政4年8月15日1857年10月2日) - 昭和16年(1941年12月20日)は技術者、日本実業家。日本で最初の外資との合弁企業である日本電気株式会社の創業者。勲五等




「岩垂邦彦」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

岩垂邦彦に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「岩垂邦彦」の関連用語

岩垂邦彦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

樫尾忠雄

稲盛和夫

松下幸之助

古川享

樫尾俊雄

井植歳男

西和彦

孫正義





岩垂邦彦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の創業者列伝日本の創業者列伝
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ岩垂邦彦の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岩垂邦彦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS