自己複製とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 自己複製の意味・解説 

自己複製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/13 04:02 UTC 版)

自己複製: Self-replication)は、何らかの事物がそれ自身の複製を作る過程である。細胞は適当な条件が整うと、細胞分裂による複製を行う。細胞分裂において、DNAが複製され、生殖に際してはそれが子に転送される。ウイルスも複製されるが、細胞に感染して細胞の持つ生殖機構に指令を出すことでのみ複製可能である。コンピュータウイルスは、コンピュータに備わっているハードウェアやソフトウェアを使って複製を作る。ミームは人間の精神や文化を一種の生殖機構として利用して複製を作る。


  1. ^ 5.1 General Taxonomy of Replicators Kinematic Self-Replicating Machines, Robert A. Freitas Jr. and Ralph C. Merke、2004年
  2. ^ 5.1.9 Freitas-Merkle Map of Kinematic Replicator Design Space Kinematic Self-Replicating Machines, Robert A. Freitas Jr. and Ralph C. Merke、2004年
  3. ^ "Sphinx." From MathWorld--A Wolfram Web Resource. http://mathworld.wolfram.com/Sphinx.html
  4. ^ Teaching TILINGS / TESSELLATIONS with Geo Sphinx
  5. ^ Modeling Kinematic Cellular Automata Final Report NASA Institute for Advanced Concepts、2004年4月30日
  6. ^ 3.23.4 Suthakorn-Cushing-Chirikjian Autonomous Replicator (2002-2003) Kinematic Self-Replicating Machines, Robert A. Freitas Jr. and Ralph C. Merke、2004年
  7. ^ Molecular Nanotechnology Guidelines Foresight Institute
  8. ^ Advanced Automation for Space Missions Wikisource、1980年のNASAの研究報告、ロバート・フレイタス編
  9. ^ 4.11.3 Merkle-Freitas Hydrocarbon Molecular Assembler (2000-2003) Kinematic Self-Replicating Machines, Robert A. Freitas Jr. and Ralph C. Merke、2004年
  10. ^ 3.23.4 Suthakorn-Cushing-Chirikjian Autonomous Replicator (2002-2003) Kinematic Self-Replicating Machines, Robert A. Freitas Jr. and Ralph C. Merke、2004年


「自己複製」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「自己複製」の関連用語

自己複製のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

南家城川口井水

ガガイモ

脇田茜

十勝川

長等公園

サビウライロウミウシ

パドック

石州和紙





自己複製のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自己複製 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS