歌舞伎舞踊とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > 舞踊 > 歌舞伎舞踊の意味・解説 

かぶきぶよう [4] 【歌舞伎舞踊】

歌舞伎とともに発達した舞踊で,歌舞伎劇の劇中や,演目一つとして各種浄瑠璃長唄伴奏として演じられる。広義には,日本舞踊別称ともされる。 → 所作事(しよさごと)

歌舞伎(かぶき)舞踊(ぶよう)

名称
歌舞伎舞踊
<かぶきぶよう>

区分
重要無形文化財

保持
青山 次郎
<あおやま じろう>
芸名 花柳 壽楽
<はなやぎ じゅらく>
東京都
西川 扇藏東京都
<にしかわ せんぞう>
東京都
﨑 照子東京都
<しばざき てるこ>
芸名 花柳寿 南海)
<はなやぎ としなみ>
東京都

解説
歌舞伎舞踊は、江戸歌舞伎の中での舞踊舞踊劇及びその伝統継承している舞踊舞踊劇である。初期女歌舞伎若衆歌舞伎では、主として人々が同じ所作で踊るいわゆる総踊り形式であったが、後に女方舞踊中心になり、元禄時代所作事として確立し、享保から宝暦にかけてさらに発展し「道成寺」「石橋」などの名作成立した。さらに天明にかけて長唄加えて常磐津節などの発達ともなって舞踊劇大成し、女方ばかりでなく、男役踊り関の扉」「双面」等の傑作生まれた。幕末には変化に富む小品舞踊次々と一人役者が踊る変化物流行し、さらに明治にかけて能や狂言から取材した松羽目物生まれ今日でも以上の各種舞踊が演じられている。


歌舞伎舞踊

名称: 歌舞伎舞踊
ふりがな かぶきぶよう
芸能工芸区分 芸能
種別 舞踊
認定区分 各個認定
指定年月日 1955.02.15(昭和30.02.15)
解除年月日
指定要件
備考
解説文:  歌舞伎舞踊は、江戸時代歌舞伎の中で演じられるようになった舞踊舞踊劇伝統継承しつつ、後に歌舞伎から独立して演じられるようになったのである。歌舞伎舞踊は、江戸時代初期に、それ以前ら行われてきた舞踊をもとに始まり歌舞伎発展とともに、まず女方中心になり、後に男役も踊るようになった。現在、いわゆる舞踊家によって伝承されるようになっている。歌舞伎舞踊は、長い歴史通じて芸術的洗練され、また能や狂言から題材を取るなど多様な内容をもち、芸術上特に価値が高く、芸能史上も特に重要な地位占めるものである
芸能のほかの用語一覧
能楽:  能囃子方太鼓  能囃子方小鼓  能囃子方笛
舞踊:  歌舞伎舞踊
音楽:  一中節三味線  一中節浄瑠璃  地歌

歌舞伎舞踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/16 16:47 UTC 版)

歌舞伎舞踊(かぶきぶよう)は、以下の総称である。






「歌舞伎舞踊」の続きの解説一覧





歌舞伎舞踊と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「歌舞伎舞踊」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
58% |||||

7
58% |||||

8
38% |||||

9
38% |||||

10
38% |||||

歌舞伎舞踊のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フェンダースカート

西ヶ岡

千葉涼子

まち針

佐野常民

比婆道後帝釈国定公園

OH-6D

ナチュラルチーズ





歌舞伎舞踊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文化庁文化庁
Copyright © 2017 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2017 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの歌舞伎舞踊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS